【ロリポップ】403Error 現在、このページへのアクセスは禁止されています【アク禁】

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

「海外在住+ロリポップ+ワードプレスでサイト運営している」方々、ここ数日管理画面にアクセスできず固まっていませんでしたか?!

私も昨日からワードプレスの投稿画面にログインできず丸一日固まっておりました。

スポンサーリンク

海外アタックガード:原因究明編

さて、今回はまず何故こうなったのかの原因を説明するぞ。
そのあと、解決策を明示するのでじっくり読むことをオススメするぞ。

原因はロリポップ運営が、海外IPアドレスからの攻撃を防ぐ為、海外アクセスに制限をかけたからです。

海外アタックガードは、海外IPアドレスからの特定のアクセスを制限し、サイト乗っ取りなどの不正アクセスを防止する機能です。サイトの乗っ取りやサーバー負荷の要因となるアクセスに対して機能するものであり、通常の海外からの閲覧者に影響はほぼありません。
引用:ロリポップ 海外アクセスページ

この海外からのサーバー不正アクセス防止策のおかげで、海外在住でかつロリポップをサーバに使ってWebサイト運営をしているような少数派がアクセス禁止になったわけです。
(実際、今のご時世かなり多そうだけどね。)

本日以降に新規で設定・作成されるドメインについては、自動的に有効となります
・エコノミープランをご利用中のドメインは、すでに設定・作成済みのドメインも有効となっています
・エコノミープラン以外をご利用中のドメインは、下記スケジュールにて順次有効へと切り替わります
 ○ライトプラン      → 2017年10月24日(火)午前11時 〜
 ○スタンダードプラン   → 2017年10月26日(木)午前11時 〜
 ○エンタープライズプラン → 2017年10月27日(金)午前11時 〜
引用:ロリポップ インフォメーションページ

ちなみに「スタンダードプラン」の私の場合、10月26日午後にサイト更新をしようとアクセスしたら、「403 Error」が出たので、今思い返してみると原因はこれで間違い無いですね。

海外アタックガード:仕組み

仕組みはこんな感じです。

出典:ロリポップ-海外アタックガードの設定・解除

Webサイト運営者日本国内のサーバーからアクセスする人、海外サーバーからネットをただ閲覧するだけの人は全く影響なさそうですね。

影響を受けるのはあくまで「サイト運営者」で「ロリポップ」のサーバーを使っている人だけだと思います。つまり現在なんらかの事情で海外に出ているノマド民くらいですね。

なので、今回の「海外アタックガード」はロリポップを使う大半の日本国民には朗報!と言えそうです。海外からの管理画面へのアクセスを強制カットしてくれますからね。

サイバー攻撃とか物騒な世の中なので、安全が一番ですね!

海外アタックガード:解除編

さて、そんな便利な海外アタックガード

だけど、どうしてもロリポップにサーバーを置いたWebサイトを管理したいの!海外から!

という方は、ご安心ください。

今すぐロリポップユーザー専用ページにログイン→左タブ内の「海外アタックガード」をクリック→ガード設定(下の画像)→無効にする(ガードしない)を選択→完了

ということで以上!海外アタックガードについての解説と解決法でした!何か困ったことがあれば、すぐにグーグル先生に聞く習慣をつけましょう。今の世の中、答えは大概ネットに転がっていますからね!では!

The following two tabs change content below.

freemeisan

そろばんの先生/会社経営IPPO Japanese Math Inc.
日本、インドネシアで勤務、その後フィリピンで起業。中東やアジア地域の旅行事情に詳しい。その他フィリピン英語留学やサーフィンなども。人生のネタは尽きません。元ギャンブル依存症です。
スポンサーリンク

シェアしてね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です