セブ最大の野菜市場「カルボンマーケット」の価格相場【2018年8月版】

シェアしてねっ!

張飛
兄者ぁ、セブ最大の市場「カルボンマーケット」って知ってる?メチャ危険らしいんだけど..
関羽
あー、卸売市場だし安く買えそうだよね。危ないなら青龍偃月刀持ってくわー
劉備
財政状況も良くないし価格調査しに行くか。関羽、護衛は任せたぞぃ
今回はセブ最大の野菜市場である「カルボンマーケット」へ価格調査をしてきました。さすがに卸売市場だけあってスーパなどの小売店に比べると本当に安く買えます。ただ危険地域らしいので留学生の皆さんは行かないで下さいね!絶対ですよ。絶対に。

スポンサーリンク

カルボンマーケット:行き方

店名: カルボンマーケット
Carbon Public Market
住所:
ダウンタウン近く
営業時間: 野菜買うならいつでもok。
ピークは深夜3時〜朝方6時
行き方: タクシーで「カルボンマーケット」に行きたいと伝える。
備考: 紹介はするけど「治安が悪い」といわれているの行かないでね。
劉備
ちなみに「カルボンマーケット」は木炭/Carbonの積み下ろし場として繁盛していたみたいですよ〜。歴史は100年以上も前に遡ります〜
張飛
へーすごいね兄者!

カルボンマーケット:「野菜」の価格相場

*1ペソ=2.1円 (2018年8月1日現在)

品名 キロ単価 メモ
ジャガイモ 50-52ペソ  
ニンジン 80-90ペソ
タマネギ 90-95ペソ
赤タマネギ 84-88ペソ
長ネギ 40ペソ
トマト 20-40ペソ
大根 30ペソ
オクラ 25ペソ
キュウリ 15ペソ
ナス 30ペソ
ジンジャー 40ペソ
ニンニク 60ペソ
ローカルサツマイモ 30ペソ Camote
カリフラワー 100ペソ
ゴーヤ/ニガウリ 60ペソ Ampalaya
カボチャ 30ペソ
白菜 30ペソ
つるむらさき 15ペソ  Alugbati
空芯菜 30ペソ Kangkong
小松菜 50ペソ Pechay
キャベツ 30ペソ
サヤエンドウ 160ペソ Field Peas
長ササゲ 30ペソ Batong/String Bean
モヤシ 40ペソ Toge
サヤインゲン 25ペソ Green Beans
赤唐辛子 200-400ペソ
青唐辛子 100ペソ
赤ピーマン 100ペソ
ブロッコリー
サヨテ/ハヤトウリ Sayote
プソサギン バナナのつぼみ
シンカマス サクサクした食感
劉備
唐辛子類はかなり単価高いですね〜、さすが香辛料貿易の主力品!
張飛
うぉぉ兄者ぁ!もやしとキャベツ有るし、二郎の野菜マシマシ再現できるよ!

カルボンマーケット:「果物」の価格相場

*1ペソ=2.1円 (2018年8月1日現在)

品名 キロ単価 メモ
マンゴー 80ペソ
バナナ 55-60ペソ
スイカ 20ペソ
カラマンシー 60ペソ すだちやライムみたいなもの
アボガド 30-40ペソ

夜22時くらいの市場の様子

カルボンマーケット:「たまご」の価格相場

たまごはサイズに応じて4ペソ〜6.5ペソ/個程度。
*1ペソ=2.1円 (2018年8月1日現在)

買い物の様子。たまご専用プラケース欲しい。

ちなみに鮮度が心配な人は、頼めば一つ割って鮮度を確認できたりするので安心だ。変なものを売られるようなことは少ないと思われる。

そいえば右手の母ちゃんはつい最近日本旅行へ行ってきたみたい。店主はアラブ諸国へ海外出稼ぎ経験有り。さすがフィリピン人はグローバルに生きてるなぁ。

カルボンマーケット:「米」の価格相場

健康志向の人は赤米や黒米などを食べてカロリーカットだ。

カルボンマーケット:観光に適した時間帯【非推奨】

深夜3時〜朝方6時までが一番見どころである。

理由はセブ市内のカレンデリア・レストランの材料買い付けや小売業者の仕入れの時間帯だからだ。

まさにセブの生鮮市場文化が垣間見えるだろう。

尚、一般人が行っても仕入れ作業の邪魔になるだけなのであまりオススメはしない。

一方でどうしても行く場合は邪魔にならないよう敬意を忘れずに行動すると良いのかもしれない。知らんけど

カルボンマーケット:たった800円でこんなに買えちゃう!

張飛
え!たった800円でこれだけ買えちゃうんだ!(コイツ一人でこんなに食うのか..)
フリーメイさん
卸売価格だからね!スーパーなどの小売ならこの2倍がかかると思うよ!(どや)

終わりに

カルボン内の精肉コーナー

今回は「セブ最大の野菜市場・カルボンマーケット」の卸売価格相場の記事でした。

セブ島在住の方々は、ぜひ普段通うスーパーと値段を比べてみて下さいね。恐らく2倍は違うはずですよ。(カルボンと市内スーパーとの価格比較記事も作りますのでお楽しみに!)

また、筆者は魚介類も大好物なので近いうちに「セブ最大の魚市場・パシル」に関しても記事にしていければと思います。

ではさよならー

スポンサーリンク

シェアしてねっ!

フォローしてねっ!