【10月実績】12,294PV、収益6,499円でした!

【環島3/3】6泊7日で台湾自転車一周に挑戦してみた【台東→台北】

この記事は約7分で読めます

男の子

いやぁ、雨の中よく走るねー。しかもなぜか上半身裸だし
だって暴風雨だよ、逆に服着たら風邪引いてしまうよ(正当化)

フリーメイさん

男の子

なるほどね〜、ところで今回で最終章だね!九份にも寄るんだよね?期待してるよ!
前回までのあらすじ
台湾最南端へ到達後、北へ転進。台風接近中の為、暴風雨の中走り続ける。親切なお巡りさんの好意で交番で休ませて頂いたり…その後台湾のタイヤル族のバートゥと出会いなどがあり旅を続ける。のんきに温泉街へ立ち寄ったりしながら東の都「台東」へ到着するが..

【6日目:台東→九份】台湾東部の旅!九份老街を目指す

06:55 この日は台東の気持ちの良い朝を迎える。

バートゥとは昨晩サヨナラをいったので、そっとホテルを出発する。

二日後に日本への出発便が迫っている。その為、行けるところまで行くかねば。出来れば台北まで一日でリーチできる距離が理想。

戦前に多くの日本人移民が暮らした町「花蓮」を目指す。

07:15 宿から台東駅はスグだった。台東07:54発→花蓮11:36着

11:36 花蓮到着!!戦前は多くの日本人移民が住んでいた地域で日本統治時代の足跡が多く残るそうです。いつか再訪してゆっくり探索してみたいですね。

環島の難所「花蓮〜宜蘭」区間を走る!

14:54 花蓮駅前観光を終え太魯閣(タロコ)方面へ走り出す。(のんびり!)

この辺は台湾原住民が多く住んでいるみたい。

「漢本」で日没と共に活動限界。困った時は電車に乗るべし!

この頃になると、電車輪行にも慣れ、自転車解体スピードが早くなっていった。

出発前は羽田空港に向かう途中の品川駅で1時間掛かっていたのが、この破天荒な旅を通じて10分あれば荷台付きクロスバイクのバラシ作業がこなせるようになっていった。

ホモ・サピエンスの学習能力は半端ない。

深夜に瑞芳駅着。「九份老街」を目指す。

真夜中「九份老街」へ到着。上裸のおじさんに救われる。

「お前日本人か?泊まる所ないならウチ泊まっても良いぞ。狭いがな、ガハハ!」

深夜25:30頃真夜中に九份老街につくが、こんな時間にチェックインできるホテルなんて見つからない。

野宿を確保していたら、天使、いや裸のオジ様が舞い降りました。

気さくな人で、酒やツマミも振る舞ってくれていただきました。おっちゃん本当に有難うございました!

  • 日時:2013年8月30日(金) *6日目
  • 旅の軌跡:台東→花蓮→漢本→宜蘭→瑞芳→九份老街
  • 走行距離(当日):+56.5km(*グーグル地図より推定)
  • 走行距離(累計):574.8km
  • 宿泊地:九份老街のおっちゃん宅

フリーメイさん

この旅では本当に多くの台湾人に助けられる日々。なんとハートフルな人々なのでしょうか。明日は九份を観光し、ゴール台北を目指します!

*花蓮駅〜漢本駅は51.2km、瑞芳駅〜九份老街は5.3kmの合計距離

フリーメイさん

明日、遂に台北入か?下記タブで次に進む〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください