一時帰国者向けプリペイドSIMカードの決定版はコレ!【フィリピン】

読者の皆さん、新年明けましておめでとうございます!

今回はフィリピン在住者向けに超耳寄りな情報を発信しますよ!
*国外在住者向け全員に役立つかもしれません!

スポンサーリンク

「JAPAN NON-STOP INTERNATIONAL SIM CARD 4GB LTE/8DAYS」とは?

皆さんこちらのプリペイドSIMカードはご存知ですか?

タイ企業が開発した訪日外国人向けのプリベイドSIMかと思われますが、日本への一時帰国者向けにも当然有効ですので是非チェックしておくと良いですよ。

筆者はフィリピンのLAZADAで購入しましたが、タイやインドネシアでも同じようなものが入手できるのかもれません。また筆者が調べる限り他国のLAZADAにも似たような日本用のSIMがあるので試しに買ってみると良いかもしれません。(但し自己責任でどうぞ!)

ネット通販「LAZADA」フィリピン版で実際に注文してみた。

SIMカード発行会社 タイTruemove or AIS
有効期間 8日間
高速LTE 4GBまで使用可能、上限到達後低速2G回線へ。
音声通話・SMS ×
SIMサイズ Nano, Micro, Standard
回線速度 ドコモ回線に準ずる。成田空港15Mbps, 名古屋駅周辺10Mbpsなど5-15Mbsは出てるので心配無し。

購入先

LAZADAフィリピンより購入、他国でも買えるかも?
値段 888フィリピンペソ(日本円で約2000円)

生産元はタイの会社のようだ。LAZADAサイト画像と実際に来た商品パッケージが全く違うところが、いかにもアジアらしい。

今回は年末年始12日間の一時帰国予定なので8日用のSIMを2枚購入。もし1ヶ月滞在なら考えものだが、1-2週間程度の滞在なら高コスパだろう。

「JAPAN SIM」とやらを実際に使用してみた。

成田空港に着陸後早速、スマホに「JAPAN SIM」を挿すと、直ぐにアクティベートが始まる。

下記画像のようにタイ語での案内がSMSで来るが慌てないで欲しい。ここで見るべき箇所は「Non-Stop 4GB」「有効期間」だ。

注意:本SIMカードを入れた瞬間、問答無用でアクティベートが始まるかもしれない仕様なので、万全を期して一時帰国や日本旅行前のテスト挿入などはしないようにしたい。

ちなみに今回は以下の期間で使用可能。パッケージ通り有効期間は8日間(192時間)だ。

開始: 2017年12月24日 11時55分から
終了: 2018年1月1日 11時55分迄

入れただけ勝手にアクティベートするはずだが、しない場合は購入時に付属の説明書に沿って操作すればok。

筆者の場合は、「Androidスマホ OPPO F1s」を使用しているが、アクティベートされなかったので「Data Roamingをオン」にしたらネット接続が始まったので参考まで。

スマホ画面左上が「NTT Docomo」から「4G」に変化するとネット接続が始まる。(Android OPPOの場合)

注意点:Google上での表記がタイ語化する。

自分は気にならなかったが、日本語でないと嫌だという人はGoogleの言語設定より変更可能ななので試してみてください。

実際の回線速度は?8日間で4GB分の容量は足りる?

成田空港第二ターミナル某所

成田空港到着後にアクティベートした時に計測した回線速度。流石日本です。セブのどこよりも速度出ています。

今回の一時帰国では下記の場所に滞在したが回線速度に関して一切のストレスが無かった。ツイッターやFB更新、ライン通話、Google Mapなどの使用。

  • 千葉県成田空港
  • 茨城県鹿嶋市内、水戸駅前
  • 栃木県小山市、鬼怒川温泉付近
  • 東京23区内
  • 神奈川県海老名市
  • 愛知県名古屋市、稲沢市 (*田舎にある実家でのYoutube使用も快適)
  • 岐阜県郡上市めいほうスキー場内山頂リフト付近含む全域。

容量は4GB/8日間。1日当たり500MB使える計算

これを使い切るにはYouTubeを1日3時間程度見る必要があるので、余程のことがない限り心配いらないだろう。但しPCを持ち歩いてノマド的な動きをしたい人には物足りないのかもしれない。

但し、何枚か買っておけば容量を使い切った段階で新しいものを挿入すれば良いので汎用性は高い。

フリーメイさん.com的その他の選択肢

Amazonジャパン注文し、日本の到着空港内コンビニで受け取る(2016年5月に実践済み)

前回の一時帰国時に試した。愛知県セントレア空港のファミマ受け取りで購入した。実際に受け取って見ると当時200MB/1日の容量に対して100MBしか付与されず散々な結果に。

当時インスタにハマっており写真UPすると直ぐに100MB容量に達してた記憶。良いSIMがアマゾンで売っていれば選択肢として大有りかもしれない。

日本到着後に「ビックカメラ」や「ヤマダ電気」で調達(2015年7月に実践済み)

写真は成田空港第二ターミナルのビックカメラの写真だ。空港内なので多少高いのかもしれない

このやり方は2015年7月の一時帰国時に試したがあまりオススメしない。理由はプリベイドSIMに関して、販売している家電量販店の販売員ですら理解していないケースが多いからだ。しかも購入一発勝負だし、安くないし、何より到着してから家電量販店に到着するまで電波が使えないのは不便だ。

やはり日本出発前にSIMを用意しておくのがスマートではないだろうか。

日本到着空港にてSIM自販機で購入

そして空港自販機でのプリペイドカード購入はこちらのサイトに詳しいので参考にしてみると良いです。
リンク先:【2016年12月版】成田空港で買えるプリペイドSIMカードをターミナル別に総まとめ – 音声通話対応SIMや容量無制限SIMカードも登場

余裕のある方向け:空港でのWiFiルータレンタル

これは日本の携帯は解約してしまったが、お金が有り余ってる超富裕層向けにオススメしたい。各空港にレンタルWiFiルータのショップがあるのでそこで借りよう。但し、所詮WiFiルーターなので凄く不便だし、返却の処理もあるみたいだし全くオススメしない。

借りたい猛者はネットで調べてください、大体相場は500円/日といった所だと思います。

一時帰国者向けプリベイドSIMカードのまとめ

本記事で進めているLAZADAで買えるSIMカードは、元々訪日外国人向けのカードなので日本旅行に関して困っている外国人に対しても勧めてあげると良いかも知れませんね。

私は、とりあえず2018年1月時点では「JAPAN NON-STOP INTERNATIONAL SIM CARD 4GB LTE/8DAYS」がコスパ面、機能面で最善の選択肢かと思います。

こういった優れたプリペイドSIMカードが当地の日本企業からではなくアジア企業から販売というのが非常に残念に思いますね。

さて、本記事ここまで読んでいただき大変有難う御座いました。

「買ったけど繋がらなかったぞ」

「全然速度出ないじゃないか」

といったクレームはフリーメイさん.comでは一切受け付けませんので、本記事へはコメントできないようにしておくので宜しくお願いしますね!

自己責任でどうぞ!ではまたの記事で!

The following two tabs change content below.

freemeisan

そろばんの先生/会社経営IPPO Japanese Math Inc.
日本、インドネシアで勤務、その後フィリピンで起業。中東やアジア地域の旅行事情に詳しい。その他フィリピン英語留学やサーフィンなども。人生のネタは尽きません。元ギャンブル依存症です。
スポンサーリンク

シェアしてねっ!

フォローしてねっ!