プロフィール

スポンサーリンク

シェアしてねっ!

自己紹介

日本、インドネシアで勤務、その後フィリピンでそろばん塾を海外起業。中東やアジア地域の旅行事情に詳しい。その他フィリピン英語留学やサーフィンなども。人生のネタは尽きません。元ギャンブル依存症です。

フィリピン・セブ島での事業構想はクラファン記事が分かりやすい。

フリーメイさん=鵜飼 明
1987年4月24日生まれ おうし座

できること

  • ワードプレスでのWebサイト制作及び運営
    https://ippo-abacus.com/ (フィリピンそろばん教室 *英語)
    https://freemeisan.com/ (雑記ブログ *日本語)
  • 記事執筆
    教育サイトでT.Mei名義として32記事のライター実績有り
  • 動画編集
  • アクセスマップ、オリジナル地図の制作
  • モデル業
  • 英語・インドネシア語通訳
  • 海外起業・フィリピン留学・日本脱出・アジア生活に関する相談全般

参考例:動画撮影・編集・YouTube運営

参考例:オリジナルマップ

参考例:モデル業(IT奴隷役-セブ島語学学校TARGET様)

スクショ引用:「奴隷解放留学〜IT業界編〜デスマーチからの脱出」LPより

掲載記事

クラウドファンディングでそろばん事業資金調達に成功しました!

そろばんでフィリピンの子ども達の地頭を鍛えたい!アジア学力向上計画!
キャンプファイヤー様を利用して総額80万円を超える資金の調達に成功しました!

詳細はこちら

取材・記事執筆・モデルのご依頼

お問い合わせはこちらまで

これまでの黒歴史

幼少期(1987年〜)

1987年に生まれる。在日米軍住宅地にほど近い横浜山手で幼少期を過ごす。母親曰く、同年代の在日外国人と徒党を組んで、米軍施設にちょっかいをかけていたようなワンパクな子どもだったらしい。

小学生時代:(1994年〜)

横浜市市沢町で保育園〜小学校3年生まで過ごす。
ちなみに小学校2年生から後の仕事に繋がる「そろばん」を習い始める。確か3級までは取得した気がする。

小学校3年生の途中で、同旭区内の四季の森公園にほど近い「公営団地」に引っ越す。
低所得者層が住む場所で、当時の同級生もある程度、生活に余裕が出ると他地域に移っていくような地域だった。我が家も当然、例外では無かった。

学校生活は当然のごとく荒れていたことが、あえてここでは言及しない。

ポケモン、ハイパーヨーヨー、マリオカート、ミニ四駆、モーニング娘。に夢中な少年時代を過ごす。確かゴマキ全盛、辻ちゃん加護ちゃん同世代。

中学時代:(2000年〜)

ルーキーズみたいな先輩世代の野球部に憧れ入部。結果すぐ飽きる。

またこの頃、自分の通う中学校の生徒が、暴走族の抗争に関与していまい、他中学校からの襲撃が発生し地域の治安が急速に悪化。中学3年への進級タイミングで上部団体から、僕らの世代への勧誘が活発化する。

しかし、間一髪「一家で愛知県の実家に引っ越す」という奇跡のような話があったので快諾し、何とか回避。中学3年春で母方の実家である愛知県祖父江町へ転校する。

愛知県内の中学校へ転校するや否や、時代錯誤のスケバン世界でカルチャーショックを受ける。番長が存在し、誰もが刺繍短ラン長ランに憧れ、リーゼント、ロングスカート、おまけに自転車のハンドルは鬼ハンドル仕様。愛読書は「チャンプロード」といった感じ。

もちろん普通の女子生徒はノーメイク、おかっぱヘアー。男子は耳出し徹底の短髪である。

この経験を通じて、例え同年代でも育つ環境によって異なる価値観が生まれることにすごく感銘を覚えた。人生初のブレイクスルー体験である。

横浜の中学校では生活態度は悪くてもトップレベルの成績を納めていたが、転校先の愛知県では5段階中「オール3」の成績だった。兄も同様横浜では天才児と言われていたが、ここ愛知県では成績でかなり苦しんだようだ。

高校時代:(2003年〜)

高校に上がると実質帰宅部の囲碁将棋部に所属しバイトに明け暮れる。
毎月10万円程度稼げていたので、MDコンポやiPodなどのデジタルガジェットから、服はその辺のセレクトショップで着飾った。バイクも買い、人生初めての彼女も出来て、まさに学業以外は順風満帆。

そんな高校二年の時に最愛の彼女に振られてしまった。理由は成績悪い人は付き合えないとのこと。そこで一念発起。学年ランク中間テスト238位(全部240人!)から期末テストで50位に返り咲き。

結果、復縁は駄目だった。でもやればできるという自信に繋がった気がした。

結果そのまま学業も頑張り、関東の国公立大に進学が決まり、良くやったとの賞賛の嵐。
一応の進学校ではあったが地元私立進学はメインだったので地元外国公立というのはかなり異例というか、珍しいことだったようだ。

高校時代にやったバイト:
コンビニ、某カレー店、マンガ喫茶、イベント設営、倉庫業、ピザ屋の配達、引っ越し、警備員、パチンコ機の製造(上司がピンクシャツのグラサンパンチでとても怖かった)

大学時代:(2006年)

大学時代は、パチンコとスロットにハマってしまい典型的なダメ大学生を過ごしていた。

ビギナーズラックは無く初めてやってパチンコであっさりと2万円負けたのがきっかけ。
取り返すためにパチンコ台の勉強をしていたら、そのままのめりこんだ。早朝からパチンコ屋さんに並び、夜の10時45分まで通う日々。
手元にデータが残っていないのが残念だが、1ヶ月28日くらい通っていた記憶。

主に5号機初期のスロット台で稼いでいたが、いくつかの自分の持ち店を作り、店のクセを掴むために数週間単位でエクセル集計しデータで割り出し、狙い台を絞る正攻法で勝ちにこだわった。

勝敗は、毎月ブレは有ったが20-40万円/月ほど浮いていたが、その分使い込みが激しく常にカツカツ。夜は焼肉屋や居酒屋で豪遊するしたり、県外遠征を称して各県に旅打ちも敢行。学費は奨学金で、その他の生活費はパチンコで賄う。

といった感じで、大学時代前半期は他に言及することがないほど、パチンコ店に通い、自他共に真の底辺大学生であった。

大学時代にやったバイト:
パチンコ屋、富士山リゾバ、試験監、白浜海岸での売り子、結婚式場のサービス、居酒屋、パチンコのサクラ、六本木のバー、恵比寿でバーテン、ビラ配りなどなど

インターン:
知人が会社を買収したので、そこの総務部に潜り込んだりした。また重役にくっつきカバン持ちなど貴重な経験ができた。

初海外で上海へ:(2008年)

初めての外国-上海。中国人学生からはキムタクともてはやされ、この有様である。

大学2年生の新春、学内の生協掲示板で発見した「13泊14日上海クルージングツアー39,800円!」という香ばしいコピーに惹かれ、高校時代の友人を誘って参加。

国際感覚がなかったものだから、「中国といえば反日国、共産国で北朝鮮とそれほど変わらない危険で貧しい国家だろうなー、てか東京が一番でしょ」という知識しか無かったので半分怖いものみたさで参加したのが正直である。

しかし実際に上海にいってみると、建物はバンバンたっていて、旧租界地域の外灘地域はお洒落。そして地下鉄も綺麗、更に対岸の浦東地区も壮大だった。

街灯広告とかネオンは、流石に日本の80年代っぽいノスタルジックな感じでしたが、自分の中の「中国」の固定概念が粉々に壊されたのは良い思い出。

2009年3月、新疆ウイグル自治区ウルムチにて

以降北京、広州、香港、マカオ、深センなどの沿岸部へ足を運び、またそれだけでなくシルクロードを伝い、新疆ウイグル自治区や西安、中国東北部などを大学時代にお金を貯めては訪れた。学生時代は中国へは4度くらい通い、通算3ヶ月は滞在していた。

その他バックパッカーとして世界一周を目指すのですが、またブログの方で触れたい。

訪れた国:
韓国、中国、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、インド、ネパール、パキスタン、マレーシア、シンガポール、ロシア、エジプト、ヨルダン、シリア、イスラエルとパレスチナ自治区、トルコの17カ国。

新卒で商社へ:(2011年)

仕事辛いわー

商社営業は非常に覚えることが多く大変ですが、商売の基礎を学べるのでとてもやり甲斐が有ります。扱う商品の商品力が弱いと全く売れず悲惨ですが、それも一つの勉強です。

私は建材関連や原料なんかに携わりましたが、商品力が無いと価格勝負になりますし色々苦労しました。特に原料市場はいかに山元(産地)に近いところから調達できるかが勝負です。

同じ石炭や副原料でも下手したら産地は同じなんていうのも有りうる業界です。

中には仲介の仲介の仲介から仕入れて提案なんていうのも有りますが、口銭(=マージン)が乗っている中で他社の提案価格に勝てるはずがありません。いかに源流から調達するか勝負です。

この業界には新卒から、ちょうど3年いました。

“新卒は3年でやめてどこへ行く”なんて言葉が有ったような。。

訪れた国:
台湾、マレーシア、シンガポールの3カ国

ジャカルタ海外就職:(2014年)

ジャカルタ都会ですね!

僕は商社を2014年3月末でちょうど3年間勤め退職した後、インドネシアに出稼ぎに出ました。インドネシアでの転職先では入社して言葉も通じないのに、現地スタッフ100人以上を管理するポジションを任されます。

更に28階の高級アパートメント支給、通勤は専用ドライバーが送迎、給料はドル払いで円安傾向だったため毎月給料上昇。所得税などは全額会社負担だったため、額面そのまま貰える。仕事も朝早い分、夕方には終わるという天国モード。人生で初めてお金が使い切れないという経験しました。

大体1年で給料だけで200万円溜まったが、2015年の中国株バブル崩壊に巻き込まれ、乗りたくもないジェットコースター相場を味わい全てを失う。これもどこかで触れたいと思う。

セブ島留学:(2016年)

圧倒的英語力を身につける

インドネシア語はジャカルタでの業務上必須なのですぐに上達しましたが、相変わらず英語が全くダメダメだった僕は、当時流行っていたフィリピン留学を決意。

2016年2月から5月までの3ヶ月留学し、結果的にTOEIC775点まで上がりました。留学先が勉強しかさせてくれないのでそりゃ伸びますよね、って話です。

食事3食付き、掃除洗濯不要。他の生徒意識が高い。カリキュラムが有り何をやれば良いかが明確、なのでもうやるしかない。

フィリピン・セブ島起業:(2016年-現在)

IPPOの生徒や先生たちと

2016年12月にフィリピン・セブ島にてそろばん塾を起業しました。なんとか成功させるべく動いております。本ブログで頻繁に更新して行きたいと思っています。

日本では創業10年で倒産する会社が9割などと言われていますが、国は違えど会社を存続させることがどれだけ難しいのか、この一年の実経験で身に染みて厳しいのが分かりました。

フィリピンでそろばんを根付かせるため、全力で奮闘して行きます!

シェアしてねっ!

フォローしてねっ!