【10月実績】12,294PV、収益6,499円でした!

【夢のキャッシュレス生活】住信SBIネット銀行の口座開設方法まとめ

この記事は約2分で読めます

キリスト

前回の記事で「住信SBIネット銀行」の良さは伝わったよ。どうやって口座を作ればよいの?
よし、今回は口座の作り方についてガッツリ紹介するよ!

フリーメイさん

さて、前回記事で「住信SBIネット銀行」を開設すべき理由を説明したと思います。

今回は住信SBIネット銀行の口座開設のやり方を紹介していきたいと思います!

住信SBIネット銀行:口座開設の方法

方法はざっくり以下3つ有る。順を追って説明していくので参考にしてくれ。

  • WEBサイト(顔写真付き身分証有り)
  • WEBサイト+郵送(顔写真付き身分証無し)
  • SBI証券口座サイト経由

WEBサイト(顔写真付き身分証有り)

本人確認書類の郵送不要

WEBサイト経由申込み後、カード受取時に下記身分証明書を提示すればok。申込み後一週間前後で届くぞ。

カード受け取りの際に提示する書類(いずれか一点)

    • 運転免許証、運転経歴証明書
    • 旅券(パスポート)
    • 在留カード、特別永住者証明書
    • 写真付き住民基本台帳カード
    • 官公庁が発行した身分証明書で写真付きのもの
    • 公の機関が発行した資格証明書で写真付きのもの(療育手帳、身体障がい者手帳等)

オンライン口座開設-住信SBIネット銀行HPより

海外在住者の場合、一時帰国時にトライする価値があると思う。住所を日本に置いてない人は厳しいかも..

フリーメイさん

WEBサイト+郵送(顔写真付き身分証無し)

必要事項をWEBサイト経由で申込み後、本人確認書類を郵送する。

郵送する本人確認書類(いずれか一点)

  • 書類運転免許証(コピー)と公共料金の領収書(原本)
  • 各種健康保険証(コピー)と公共料金の領収書(原本)
  • 写真付き住民基本台帳カード(コピー)と公共料金の領収書(原本)
  • 在留カード、特別永住者証明書(コピー)と公共料金の領収書(原本)
  • 住民票の写し、住民票記載事項証明書(原本)
  • 印鑑登録証明書(原本)

郵送での口座開設-住信SBIネット銀行

「SBI証券」サイト経由

既にSBI証券口座を持っている人は銀行口座も作ろう。やはり同グループで銀行と証券口座を持っている会社は強い。

筆者は以前、新生銀行と楽天証券の組み合わせを愛用していたが、資金移動だけで一日掛かったりして非常に不便だった。

株やFX取引の世界ではスピード感が大事でなので、口座間の資金移動が早いほうがベターなのは言うまでもない。

よって「住信SBIネット銀行」「SBI証券」のグループ感連携は最強だと思う。

SBI証券口座を持っている人

既に、SBI証券口座開設時に本人確認は済んでいるので、本人書類の郵送が不要で簡単に口座開設できるぞ。

SBI証券ウェブサイトより口座開設手続きが可能だ。口座開設後すぐに取引画面にログインすることができる。

SBI証券口座を持ってない人

まだ証券口座を持ってないという人は証券総合口座と銀行口座の同時開設を行うことをオススメするぞ。

株取引は社会勉強の為にも早いうちにやるべきだし、日々のニュースを見る視点が変わるぞ。

年取って豊富な資金で失敗するより、資金が限られている若いうちに失敗するべき。イケイケ相場でもない限り、凡人は失敗なしでの成功はあり得ない世界だからね。

もし口座を作るなら余程の事情がない限り「特定口座」をオススメするぞ。毎年の確定申告をする必要がないので運用が非常に楽だ。(少しグレーな話になるが確定申告のために日本に帰国したりすることが不要になる)

こちらは「マイナンバー」及び「本人確認書類」必要になる。

詳細はSBI証券ウェブサイトから確認してみてくれ。

終わりに

いかがでしたでしょうか。

愛用の新生銀行が「海外ATMサービスの廃止」と「国内ATMの有償化」などへ舵を切ったため、キャッシュレス化を目指すノマド民へ向けて急遽記事を書いてみたぞ。

また自身の楽天証券経由の株式取引やビットフライヤー経由の仮想通貨取引において、常に住信SBIネット銀行が優遇されていたことからやはり、自信をもって住信SBIネット銀行をオススメしたいと思う。

【住信SBIネット銀行】まだ作ってないの?今すぐ口座開設すべき4つの理由 【新生銀行】国内ATM手数料が有償化、海外ATM引き出しが廃止に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください