【サウスピーク体験談】セブ島留学したら3ヶ月でTOEIC370点も上がった話

シェアしてねっ!

フリーメイさん
今でこそ海外起業して英語公用語のフィリピンでバリバリ働いているが、セブ島に来るまでは英語が全く駄目だったんやでー
ザビエル
まじかぁ、知りたいー。どうやって克服したの?
フリーメイさん
サウスピークというセブ島の語学学校に行ったんだ。毎日朝6時に起きて、授業を3時間受けて夜23時までひたすら勉強したんやで。

【留学先】サウスピーク オリジナル校(2ヶ月間)→日本語禁止校(1ヶ月間)
【留学期間】13週間(2016年2月7日〜5月8日)
【教材数】事前指定17冊+追加3冊=計20冊
【TOEIC伸び】留学前405点⇒留学後775点!(L:390-R:385)

*13 週間で370点UP!!

スポンサーリンク

もくじ

サウスピーク留学:留学前はこんな感じ

商社出身でインドネシア語ペラペラの海外就職組

セブ島英語留学以前はジャカルタで働いていた。

新卒後は都内商社で3年、その後はジャカルタの流通小売業で1年半。ジャカルタの職場ではインドネシア語マックスの環境。会議、メール、商談などすべてインドネシア語。

だけど海外在住だからといって、さっぱり英語が話せなかった。

フリーメイさん
理由は単純、ジャカルタ生活ではインドネシア語さえ話せれば良かった。「英語を学ぶ必要性」を感じなかったからだ。でも自称英語環境なら、必死に英語で順応できる自信は有った。

留学の目標は730点に設定!

とりあえずこの点数を越えれば、英語をある程度正しい文法で話すことができると思った為。

机上の勉強から長年逃げ続けてきた僕にとってインプット(=文法への理解)が大事と考えたので自習に重きを置くサウスピークの理念は自分の考えにもしっくりきましたね。

文法や語彙のストックがないまま、ワーホリなどにいったところで闇雲に英語を話してるだけでは英語の伸びは期待できませんからね。

フリーメイさん
海外バックパック経験、ジャカルタでの海外就職経験から、インプット無しの成長はあり得ない。それは僕がセブ島留学までの28年間で証明してきたよ!

留学前の英語力はTOEIC405点!

商社時代:日豪経済委員会の豪州ゲスト達とカラオケ三次会。この時は「ブルース」と名乗っていた。商社マンは忙しいのだ。 

留学前は、典型的なカタカナ英語話者、加えてインドネシア語の影響を色濃く受けたニュータイプの英語話者でした。

会話はいわゆるバックパッカー英語で単語重視、かつ文法は完全無視なので非常に非アカデミックな英語でした。

類まれなコミュニケーションスキルが有るから、海外の友人はできやすいけど真面目な話になると…

「(⌒-⌒)ニコニコ…」

ビジネスの世界では天性のコミュニケーション能力だけでなく、一定以上の英語力が無いと熾烈なステージに勝ち抜いていくことはできない。

そう…

たかがTOEIC400点レベルでは世界では戦えないと!

サウスピーク留学:英語力はどれだけ伸びたのか?

ということで留学開始!!

【実録!】ワイの留学時のTOEIC試験伸び率を見てほしい。

日付 TOEIC点数 TOEIC公式or本番 正答率
2/8 405 (L235 R170) 2013年11月データ 40.5%
2/27 560 (L61% R60%) 公式vol5① 61%
3/19 630 (L325 R305) 本番 63%
3/26 610 (L78% R54%) 公式vol4① 66%
4/17 735 (L76% R78%) 公式Vol6② 77%
4/22 735 (L78% R80%) 公式Vol6① 79%
5/1 765 (L81% R76%) 公式Vol6② 78.5%
5/7 775 (L390 R385) 本番 77.5%

「正答率」は単純に正答率、「点数」はTOEIC公式及び本番の独特の採点方法テーブルより算出。過去最高点でフィニッシュ。きちんと学習時間に比例して点数伸びています。

つまり「正しい方法」で「やるべき時間」をこなし期待値を積むだけです。 

つまりサウスピークの場合は「やるべき時間」と「やるべき教材」が明確なので後はやるだけ、期待値を積むだけです。

サウスピークではTOEIC試験結果を公開してる。

自分は数値化しないと頑張れないタイプ。

なのでサウスピークが公開している【TOEIC試験 200点を上げる勉強時間】の表をスマホの待ち受け画像にしてました。

まず僕の場合TOEIC400点レベルなので200点上げるために「500-600時間」が必要なのでひたすら頑張りました。

食事、風呂、寝る以外は英語勉強です。

一日の学習時間は10時間は余裕で超えてましたね。だから一ヶ月でTOEIC600点を超えました。いいですか、余計なことを考えずに期待値を計算しこなすだけですよ。疑ったら負け。

騙されたと思って英語に集中すべきです。信じるものは救われます。笑

サウスピークの場合は毎月在学生のTOEICテスト結果を自社Web上で公開してるので、留学を考えている人にとってはとても参考になると思う。数字は嘘つかないので。

サウスピーク留学:4つのメリット

1. TOEICレベルに応じた個別カリキュラムがある。

勉強方法は留学前カウンセリングを基に個別作成された@HAL_J式カリキュラムに沿うだけ。

やるべき事がハッキリしているので迷わない。やるだけです。やれば結果はついてきます。

2. 初心者には嬉しい!日本語教材が使える。

英語初級者にとって日本語教材で学習出来るので理解もしやすい。

日本語で書かれた英語参考書は日本人向けに最適化して作られたもの。だから英語初級者は日本語教材で学習すべき、ということがお分かり頂けると思う。

なお、指定教科書はサウスピーク日本オフィスで選定作業をしており、常に良いものに切り替わっているとのこと。

指定教材の大半はリスニング音源付きなので常にリスニング&音読することが模範とされている。

3. フィリピン人講師にガッツリ発音矯正してもらえる。

フィリピン人講師によりマンツーマンレッスンを通じて日本人の苦手なRとL、BとV、SとSH等の発音を徹底的に直される。

もし日本の学校教育現場でこういった発音矯正指導が有れば、僕の、いや多くの日本人の海外人生はもっと楽なものになっていたに違いないと感じた。

いくら英単語を覚えても正しく発音することができなかったら伝わりません。発音って大事です。

4. 音読しても恥ずかしくない、集中できる環境。

サウスピークでは三食食事付き、掃除や洗濯も専属スタッフに任せれる。

(サウスピーク以外の学校もこれが普通かな、逆に無かったら勉強できない)

なので起床→勉強→飯→勉強→飯→勉強→飯→就寝を完全ルーティン化できる。

それにみんな英語上達を目標に来ているので、お互いの勉強時間を奪わないように気を使っているような雰囲気が凄い。

「勉強ばかりしてないで、飲み行こうよ〜」

「おい見ろよ、アイツぶつぶつ音読なんてしてるぜ〜」

とか言ってくる輩は少ないので勉強にめっちゃ集中できる。これは凄く大切なこと。

なぜ輩がいないかというと、多くのパーティーピーポーは「サウスピークHP」を見て勝手に離脱してくれるからだ。

「平均10時間の学習時間」

「自習学習メイン」

「3ヶ月でTOEIC200点上がる学校」

サウスピークにわざわざ留学に来る人は「英語学習の本質」というもの理解してくる人が多いように思う。

サウスピーク留学:どんな人が留学すべき?実際は?

留学すべき人

  • 【結果を出したい就活生】
    ⇒企業は英語喋れる人を評価する。だけど採用担当者の99%は英語なんてしゃべれない。じゃあ企業は「何を見て」就活生を評価するのだろう?うん、勘の良い人はもう分かったよね?
  • 【結果を出したい海外就職志望者】
    ⇒海外就職前にTOEIC800まで鍛えておこう。自分はインドネシア就職後に英語をやりたくなってフィリピンに来た。海外に住んでいるとそういう時期はかならず来る。だから海外就職前にフィリピン留学へ行くと良い。
  • 【結果を出したいワーホリ・バックパッカー志望者】
    ⇒ある程度の文法知識があると人権が認めれる。”英語もしゃべれない””金もない旅行者”に人権なんて無いことを理解しよう。海外出国前にフィリピン留学でTOEIC800程度まで基礎固めすべし。旅も有意義になると思う。ほんとに。
  • 【英語がしゃべれないことで、何かと躊躇している人(昔のワイ)】
    ⇒とっとと踏み出せ。言い訳死ぬまで続けるの?バカなの?

留学すべきでない人

  • 【日本で英語学習がキチンとできる超人タイプ】
    ⇒わざわざ「時間」と「お金」をかけてまでフィリピンまで留学しに来る必要は無い。自宅で頑張ろう!
  • 【人生の夏休みをセブ島でエンジョイ!タイプ】
    ⇒サウスピークに行って初日で後悔するかもしれないのであまりおススメしない。
  • 【留学したら英語が自然と伸びると思っちゃう他力本願タイプ】
    ⇒サウスピークや他の語学学校に行こうが、ワーホリ行こうが絶対に伸びないタイプなので日本で大人しくしていることをオススメしたい。
ザビエル
コミュニケーションの困難な「ニコニコ笑顔」だけの外国人とずっと一緒にいたいと思うか?仕事与えたいとおもうか?っちゅう話ですネ
フリーメイさん
うん。最近のトレンドとして「ワーホリ挫折→フィリピン留学」のパターンが増えてる。いいか海外進出の第一歩として先に「フィリピン留学」を挟むことが大切だ。順番を間違えないこと。

実際にどんな人が留学に来ているの?

「うひょー!!南国リゾート泡パ最高!うぇーい!」みたいな人はサウスピークのサイト見てくる人は少ないと思う。

いや普段はそういう人もいるのだろうが、みんな「英語がしゃべれない」ことに対して悔しい思いをしている人が多かった。

だから「留学中は絶対に結果を出してやるんだ」という人が多かった。

それよりも幅広い業界、幅広い年齢層(高校生〜おじいちゃん)の方がいて色々尖っている方が多かった。

コンサル、人材、エンジニア、ワーホリ、公務員、教師、パイロット、デベロッパー、観光ガイド、広告、商社、店長、登山家、米国留学、農家、製薬、メーカー、カヌー乗り、ネイリスト、旅人、アメフト部、漫画家、数学者、お嬢、会計士、銀行、起業家、医大生、自衛官、工場管理者、投資家、海外就職、浪人生、専業主婦など。

このメンバーでたぶん国作れるくらい人材層の幅が広い。

サウスピーク留学:TOEIC370点上げるのに役立った本を暴露。

軽〜く紹介していくぞ。アマゾンで普通に購入できるのでチェックしてみてくれ!

留学1ヶ月目:ひたすら基礎固め【高校英文法】

フリーメイさん
TOEIC400点レベルの人はココから。あーそうだった、そうだったとなる。音読もやること

留学2ヶ月目:ビジネス会話を学ぶ【出る語句1800】

フリーメイさん
海外起業の際にくっそ役に立った。本の内容は求人採用から実際に仕事始めたり、パーティーでの表現とかそんな感じだった。物語形式でそれなりにオモロイ。

留学3ヶ月目:TOEIC試験対策【公式問題集】

フリーメイさん
TOEIC600点超え辺りから学習開始。TOEIC学習は面白かったな。徹底的に音読やろう。自分が発音できるようになると、英語も聞こえるようになる。そうゆうもんなのだ。

おまけ:発音教材編【フォニックス】

フリーメイさん
フォニックス発音教材。「えー!!BとVって発音違うんや!!」とまさに目からウロコな教材だったな。安心してくれ、外国人講師に説明してもらわないとよくわからんと思うぞ。小学校時代に教わりたかった。

3ヶ月でTOEIC370点させた本人が思う2つの大切なこと。

「インプット」と「アウトプット」のバランスの重要性

結局ね、英語なんて「インプット」して「アウトプット」のバランスなんですよ。

僕も「サウスピーク留学3ヶ月」で英語基礎(=インプット)を徹底的に高めました。

その直後にフィリピンで海外起業。といっても起業直後の一ヶ月はなかなか学習した単語や文法が出て来ず苦労しましたが、しかしそのうちに習った英語が自然と出るようになった。

自分の場合はサウスピーク生の中でも自習学習を重視した節があるので、もう少しうまく調整すればよかったと思う。

一般的なフィリピン留学ではスピーキング(=アウトプット)が多すぎるという話を聞くので、そういった学校に行く人はぜひ自習する時間(=インプット)も確保できるように頑張ってほしい。

フリーメイさん
どこの学校行ったてok、だけどインプットとアウトプットのバランスを意識しよう!留学行って伸びない人が減りますように!

留学先の語学学校の方針を信じれること

わざわざサウスピークに来てもいるんですが..

「僕はTOEICとかそうゆうの信用してませんから」とか言う人ですね。

TOEICゴリ押しの「サウスピーク」にお前はなぜ来たのか…

学校方針に対して疑心暗鬼になって人達は伸びませんよ!だって勉強はモチベーション次第だもん。仕事も前向きな気持ちでやらないと良い結果は出ませんよね。

だからその学校に前向きな気持になれないとダメ(=モチベ下がる⇒結果出ない)

だから各自で調べて自分にあった学校にいくのが良いです。自分がカリキュラムや学校方針をまっすぐ信じれる学校です。

サウスピーク以外にも良い学校は沢山あるので留学経験者などに話を聞いてみてくださいね。そして周りに流されず自分で決断すること。

(多角的に情報集めること、留学経験者も大多数は留学していた語学学校以外のことは知りませんからね)

フリーメイさん
納得感大事。

終わりに

ここまでお読み頂きありがとうございます。

とにかく結果を出して欲しい。

サウスピーク留学する人もそうでない人も、せっかくフィリピンに来るのだから最高の留学にしてほしい。そして出来れば結果にこだわってほしい。

だって就職するにしたって、転職するにしたって、目に見える結果を出さないと人に理解されませんから。

いくら君が「すごく良い経験をした!感動した!」っていったて、伝わらないと他人は評価できません

特に英語学習に置いては、「アメリカに移住!」とか「起業する!」などの人以外はほぼ全ての留学生の方は日本社会で行きていくことでしょう。その際、評価される基準はTOEICではないでしょうか?

日本の面接官や採用担当者がそもそも英語を喋れないことが当たり前ですからね。

だから必ず結果にこだわって欲しいと思います。全ての留学生に幸あれ!

卒業後はフィリピン・セブ島で起業しました。

ちなみに卒業後はセブ島に残り海外起業の道を選びました。

TOEIC学習は海外起業したい人は必ずやるべき。

企業との交渉で大いに役に立つし、英語でのドキュメントの読解にもTOEIC単語頻出だ。

下手な発音、意味の通じない文法、無茶苦茶な時制、そんな人間がビジネスの場で相手をされることはない。絶好の鴨だ。鴨がネギ背負ってきたと思われるぞ。

フリーメイさん
TOEIC学習をしていなかったらと思うと、背筋がぞっとすることは多々あるな

以前広告に使って頂きました!記念魚拓。

フリーメイさん
僕もサウスピーク以外の語学学校はいったことも無いので比較ができません。その為サウスピーク寄りのポジショントークになっています。わんわん!
スポンサーリンク

シェアしてねっ!

フォローしてねっ!