【サウスピーク】セブ島英語留学したら3ヶ月でTOEIC370点も上がった話【フィリピン留学】

留学先⇒ サウスピーク オリジナル校(2ヶ月間)→日本語禁止校(1ヶ月間)
Web: https://souspeak.com
期間⇒ 13週間(2016年2月7日〜5月8日)
教材数⇒ 事前指定17冊+追加3冊=計20冊
結果⇒ TOEIC:留学前405点留学終了時775点!! (L:390-R:385)

*13 週間で370点UP!!

スポンサーリンク

サウスピーク留学:目標

実はセブ留学1週間前までジャカルタで働いていました。いってきます!

新卒で3年商社で働き、その後インドネシア・ジャカルタで食品系流通会社で1年半働いた。ジャカルタでの職場では、常にインドネシア語一本の職場。会議、メール、商談すべてインドネシア語。

海外にいながら肝心の英語が伸びない。勉強するモチベも使わないから無い。そんな中でサウスピークWebに心動かされ、留学を決めた。

留学3ヶ月の目標TOEICスコアは730点

とりあえずこの点数を越えれば、英語を正しい文法で話すことができると考えました。

机上の勉強から長年逃げ続けてきた僕にとってインプット(=文法への理解)が大事と考えました。ですので自習に重きを置くサウスピークの理念は自分の考えにもしっくりきたのでした。

訳が分からないまま英語話してるだけでは絶対伸びませんからね。それは僕が留学するまでの28歳までの長い人生で証明してきましたよ。

サウスピーク留学:当初の英語力

留学初期は3単元と副詞/形容詞の違いを認識することから始めた。一方発音も典型的なカタカナ英語話者、加えてインドネシア語の影響を色濃く受けたニュータイプでした。

会話はいわゆるバックパッカー英語で単語重視、かつ文法は完全無視なので非常に非アカデミックな英語でした。度胸はあるから海外の友人はできやすいけどビジネス英語になるとからっきしダメ。

日豪経済委員会の豪州ゲスト達とカラオケ三次会。この時は「ブルース」と名乗っていた。商社マンは忙しいのだ。

一応、商社時代は海外顧客の出張アテンド等こなしていたのですが、やはり帰国子女率9割越えの優秀な同期達には英語力で敵わないことは何度も自覚していました。

ビジネスの世界では天性のコミュニケーション能力、そしてやっぱ一定以上の英語力が無いと、熾烈なステージに勝ち抜いていくことはできない。と自覚していました。

そう!たかがTOEIC400点では世界では戦えないと!

サウスピーク留学:僕のTOEIC試験の伸び率を公開

僕の場合、自分の結果が数字で見えないと頑張れない性格なので、サウスピークの【TOEIC試験 200点を上げる勉強時間】の表をスマホの待ち受けにしてました。

まず該当する「500-600時間」の学習時間を達成することを目標にひたすらカリキュラムをこなしました。「やるべき時間」と「やるべき教材」が明確なので後は期待値を積むだけです。期待値とは「コレだけやったら、これだけ成果が出るはず」という期待できる数値です。

大学時代パチスロで慣らしたこの肌感覚が英語学習という場で発揮できたのは不幸中の幸いだと言えるでしょう。

出典:サウスピークWebサイト TOEIC(R)試験の点数を上げるために必要な勉強時間よりスクショ引用

で、本邦初公開の僕のTOEIC試験伸び率データがこちら!

日付 点数 TOEIC公式or本番 正答率
2/8 405 (L235 R170) 2013年11月データ 40.5%
2/27 560 (L61% R60%) 公式vol5① 61%
3/19 630 (L325 R305) 本番 63%
3/26 610 (L78% R54%) 公式vol4① 66%
4/17 735 (L76% R78%) 公式Vol6② 77%
4/22 735 (L78% R80%) 公式Vol6① 79%
5/1 765 (L81% R76%) 公式Vol6② 78.5%
5/7 775 (L390 R385) 本番 77.5%

「正答率」は単純に正答率、「点数」はTOEIC公式及び本番の独特の採点方法テーブルより算出。

過去最高点でフィニッシュ!人生で2番目位に頑張りました!

点数の推移を見ると、きちんと学習時間に比例して点数伸びています。つまり「正しい方法」で期待値を積むだけです。やればよいだけです。

「正しい方法」とは、次に説明するサウスピーク留学3大メリットにある最初で説明しますがカリキュラムのことですね。サウスピーク留学生でしか手に入りません。留学すべし。

サウスピーク留学:3大メリット


①勉強に集中できる環境が整っている!

サウスピークでは三食食事付き、掃除洗濯もスタッフが担当してくれる。起きる→勉強&飯→寝るの完全ルーチン化できる。生徒同士英語上達を第一目標に来ているので暗黙の了解でお互いの勉強時間を奪わないように気を使っているのが凄い。


「個別カリキュラム」
勉強方法は留学前カウンセリングを基に個別作成された@HAL_J式カリキュラムに沿うだけ。やるべき事がハッキリしているので迷わない。やるだけです。やれば結果はついてきます。


「日本市販の英語参考書/リスニング音読学習」
英語初級者にとって日本語教材で学習出来るので理解もしやすい。
⇒日本語で書かれた英語参考書は日本人向けに作られたもので英語初級者にとって最適な教材。教科書はサウスピークで選定され定期的にUpdateされているみたい。
指定教材の大半はリスニング音源付きなので常にリスニング&音読することが模範とされている。僕自身生粋の音読信者となり毎朝屋上で音読するのが日課であった。大声出すの気持ちいい。


「発音矯正」
フィリピン人講師によりマンツーマンレッスンを通じて日本人の苦手なRとL、BとV、SとSH等の発音を徹底的に直される。もし日本の学校教育でこういった発音指導が有れば僕の人生はもっと楽なものになっていたに違いないと感じた。またいくら英単語覚えても発音が出来てなかったら伝わらない事を改めて実感。発音大事です。


②面白い繋がりが100人以上出来た!

サウスピークWEBサイト見て申し込んだ人なので流石にセブ留学!南国リゾート泡パ最高!うぇーい!」の人は少ない。(サウスピークWeb見て留学しにくる段階でかなり気合入ってる連中であることは間違いない、というのが僕の見解だ)

幅広い業界、幅広い年齢層(高校生〜おじいちゃん)の方がいて色々尖っている方が多い。

コンサル、人材、エンジニア、ワーホリ、公務員、教師、パイロット、デベロッパー、観光ガイド、広告、商社、店長、登山家、米国留学、農家、製薬、メーカー、カヌー乗り、ネイリスト、旅人、アメフト部、漫画家、数学者、お嬢、会計士、銀行、起業家、医大生、自衛官、工場管理者、投資家、海外就職、浪人生、専業主婦など。

このメンバーでたぶん国家作れるくらい人材層が厚い。普通にビジネス的な出会いもいっぱいあるぞ。そういう意識が高い人が多い。

③数字に裏付けされた運営。

サウスピークより提示される数字には過去数千人と生徒を扱ってきたデータの裏付けがあるので個人的に信頼していた。

例えば毎月フィリピン国内で行われるTOEICテスト結果を自社Web上で公開してる。

また何時間勉強すればTOEIC何点伸びますよー、という指標が明確で非常にわかりやすく良かった。

サウスピーク留学:どんな人が行くべきか

はっきり言ってしまえば、日本国内で英語学習をしっかりできる人はわざわざ「時間」と「お金」をかけてまでフィリピンまで留学しに来る必要は無いと思います。

だけどそれができない人が大半ですよね?

サウスピークに留学に来ている人は、欧米圏留学、ワーホリ、海外就職前に英語に慣れておきたい人、国内就活前にTOEIC点数欲しい人、海外でビジネス立ち上げる人、また他校では駐在前研修の一環でフィリピン留学されている企業人の方などもいてまさに多様だなぁって思いました。

逆に今後上記のような感じで人生設計を考えている方であれば、留学して爆速で英語の基礎を積むのは大有りだと思います。

サウスピーク留学:総括

今後フィリピン留学マーケットの見通しも明るいと思われ、日本の公教育の一部にも取り入れられることもあるかもしれません。ちょっと前ですが自民党の小泉進次郎もフィリピン留学視察していましたし。

ま、ぶっちゃけ3ヶ月で学費と日本往復チケットで60万円ちょっとなので非常に効率の良い投資だと思います!

さて最後まで読んでくれた方ありがとうございます。フィリピン留学を通じて大きく英語力が向上し英語に対する障壁もなくなりました。

もちろんサウスピーク以外にもセブ島には良い学校が多くあるので、いろんな方に話を聞いて、自分が合うところを決めてくださいね!

僕もサウスピーク以外の語学学校はいったことも無いので比較ができません。

だからかなりサウスピーク寄りのポジショントークになっていますのでその辺はご了承を!

広告に使って頂きました!今はもう使われていませんが記念魚拓。

今後はフィリピンで新しい商売を立ち上げることになりそうです。まだまだ人生長いので一層励みます。

この場を借りて全てのティーチャー陣及びサウスピーク運営スタッフ、そして知り合ってくれた生徒の皆さんに感謝します!

さいなら!

The following two tabs change content below.

freemeisan

そろばんの先生/会社経営IPPO Japanese Math Inc.
日本、インドネシアで勤務、その後フィリピンで起業。中東やアジア地域の旅行事情に詳しい。その他フィリピン英語留学やサーフィンなども。人生のネタは尽きません。元ギャンブル依存症です。
スポンサーリンク

シェアする