フィリピン・サマール島東部でサーフィンだ!【ABCDビーチ】

フリーメイさん
シャルガオ越えの大波が来る「東サマール州の秘境カリコアン島」。ずっとこの記事書きたかったんじゃ
女の人
サマール島やレイテ島…あ、台風ヨランダを思い出したわっ!
フリーメイさん
そう最大瞬間風速90mを記録した超大型台風だったんだ。実際にサマール島の太平洋沿岸地域に行ったけど海岸沿いにはほとんど何も無く被害の大きさを感じたよ。

みなさん2013年11月8日、超大型台風ヨランダがレイテ島タクロバンに上陸し、壊滅的な被害を与えたことを覚えていますか?

下記に当時の被害状況をまとめた資料を添付しておきます。こういった出来事がフィリピンで発生した「事実」だけでも記憶の片隅に留めていただければと思います。

それでは本題、フィリピン東サマール州カリコアン島「ABCDビーチ」の紹介記事です!

カリコアン島「ABCDビーチ」の実際の波の映像だ。筆者が行った時もピーク時はこんな感じだった。海に入ったことを後悔させるレベルだったぞ

スポンサーリンク

東サマール「ABCDビーチ」:情報

出典:Visit Eastern Samar FBページより

場所:

フィリピン国東ビサヤ地方東サマール州ギワン町カリコアン島内

ポイント名: ABCDビーチ
訪問時期: 2016年9月24日-9月27日の3日間
波情報: ピーク時は人間3人分くらい。リーフ。
行き方:

国内主要都市⇔レイテ州都タクロバン市⇔東サマール州ギアン⇔カリコアン島(スランガン島)

その他: 周辺徒歩圏内にホテルは3軒位、レストランはチキン屋1軒、夕暮以降は街灯が無いので出歩けないレベル。食料品はスランガン島の教会付近で入手できる。ATMは無いのでタクロバン市で引き出しておこう。

東サマール「ABCDビーチ」:行き方

まず日本人が立ち寄る事のない島、サマール島やレイテ島。今回はさらにその奥地へ足を運んでみたぞ。

ABCDビーチはカリコアン島内にある。そこはフィリピンの端っこの大きな島の、更に先っぽの太平洋に面する小さな島で台風の通り道でもある。

空路でレイテ島タクロバン市を目指す

セブ発最終便に乗り込む。遅延トラブルで30分ほど遅れタクロバン空港へ到着。

筆者はセブ在住なので、マクタン空港からタクロバンを目指したぞ。

セブ空港→タクロバン空港の場合

セブ・マクタン空港→タクロバン空港
便名 出発 到着 就航日 通常価格帯
DG 6571 セブ発 06:40 タクロバン着 07:35 毎日 P1,500
DG 6573 セブ発 17:00 タクロバン着 17:55 毎日 P1,500
DG 6577 セブ発 18:45 タクロバン着 19:40 毎日 P1,500

タクロバン空港→セブ・マクタン空港
便名 出発 到着 就航日 通常価格帯
DG 6571 タクロバン発 07:55 セブ着 08:50 毎日 P1,500
DG 6573 タクロバン発 18:15 セブ着 19:00 毎日 P1,500
DG 6577 タクロバン発 20:00 セブ着 20:45 毎日 P1,500
注意!

2018年5月時点の価格及び便名になので参考まで。興味のある方はセブパシ予約サイトから直接確認を。毎日2-3便の直行体制。片道1,200-2,000ペソ程度。

マニラor他都市→タクロバン空港の場合

マニラ→タクロバン便をざっくり調べてみたが一日5便以上、価格は1500-5000ペソ。詳しくはセブパシ予約サイト

市内へ、その後スランガン島を目指す

空港から市内まではかなり距離がある。空港からジプニーが出てるのでそれに乗って市内を目指そう。

市内はおしゃれなカフェやバーが立ち並び意外と発展していたぞ。さすがは「レイテ州都タクロバン」といったところ。港湾都市で人口約24万人(2015年)。復興特需もあるのか街全体が活気にあふれていた。ガイサノ、ロビンソン、マック、ジョリビー、さらには公文式もあったなぁ

乗り合いバン情報

運行会社:VAN-VAN’s Terminal

経路:タクロバン市内→スランガン島まで3時間半、160km

運行時間:始発便は早朝4時-最終便は夕方18時or19時

価格:200-300ペソだった記憶

スランガン行きの深夜便は無いのでタクロバン入りする時間に注意しよう。乗り合いバン乗り場は各自Google Mapを使い「VAN-VAN’s Terminal」で調べてくれ。

バン終点は巡礼者が集った伝説の教会

初めての訪問ではどこがABCDビーチか分からないだろう。とりあえずバン終点「スランガン島の巡礼教会」で降車するのも面白い。こちらはABCDビーチから一番近い「町」なので是非訪れておくと良い。ドラクエ感満載、まさに最果ての町だ。

スランガン島から橋を渡りカリコアン島へ

島内の移動は簡単なトライシクルorジプニーがメイン

2016年9月25日 朝09:00頃 ABCDビーチへ到着

ドーン!ここがABCDビーチだ!あ、何も無い..木々も根っこしか無いし、住居跡と思われる鉄骨が..これが台風ヨランダの影響なのか..

★旅のまとめ

夜18:45-セブ・マクタン空港発

夜20:00-タクロバン空港着→ジプニーで市内へ

夜21:00-タクロバン市内着

(現地で直接ホテル探したが空きが無く、バン乗り場で野宿)

朝04:00-タクロバン市内バス乗り場発

朝07:30-スランガン島着

朝09:00-カリコアン島「ABCDビーチ」着

フリーメイさん
良い子はホテル事前予約しましょーね!

遂に来た!これが「ABCDビーチ」だ!

2016年9月25日 夕方16:28頃

朝日。

2016年9月26日 夕方15:43頃

布団干し。

2016年9月27日 朝7:43頃

宿泊先「Cslicoan Villa」より波チェック。目の前なのでいつでも波チェックok

犬もフレンドリーやで。フレンドリーではない人間には噛み付くかも

2016年9月27日 朝10:09頃

本当に何も無かった。

ローカルのヤギ達も波チェック。「明日も良い波来るかいのー」

「ABCD SURF CAMP」前、ポイント入り口でもある。

おっさん達は朝からずっと「レッドホース」と「タンドゥアイ」を割って飲んでる。飲み仲間には困らないぞ。

ABCDビーチの由来?

ロンリープラネットによると”Advance Base Construction Depot”から来ているとのこと。戦前の対日経済制裁「ABCD包囲網」からきているのかもしれない、と思ったが違ったようだ。

アジアでサーフィンをしていると「日本軍が昔あの海域から上陸したらしい..」という話を良く聞くのだ。

歴史的事実を知らないのは恥ずかしいし、相手に失礼なので少しでも知っておくとより良い関係を築けることが多いと思う。

ABCDビーチ:ホテル

ホテル情報

Calicoan Villa

最安はシャワー共同部屋で1000ペソ/泊。その他スイートルームなど多数。ビーチ目の前なので最高の立地。バイクも300-400ペソ程度でレンタル可。詳細は上記HPより各自問い合わせてね。

他にもヴィラタイプの宿泊先は数件あるようだが、上のヴィラが一番安かった記憶。

他の地方から来たフィリピン人サーファーは「ABCD SURF CAMP」に泊まっていた。数百ペソでok。寝室は無くその辺でハンモックだ。あなたが「酒飲みでフレンドリー」ならば皆んな受け入れてくれるだろう。自然を愛するあなたへオススメ。

ABCDビーチ:周辺観光

ABCDビーチで会った唯一の外国人サーファー。身内の結婚式でマニラに来た。

そのついでにフィリピン全土を旅しているツワモノだ。豪州で映像制作の仕事をしている。その関係から100万円以上する超大型カメラを担ぎながら敢行している。

テレビの撮影用のソニー製。画質やばかった。

スランガン島の巡礼教会

礼拝やミサの時間になると島民が押し寄せてくるぞ。

なんでも昔ピルグリム(巡礼者)が訪れていた由緒ある教会らしい。調べてもよく分からなかったけど是非調べてみてくれ。

スランガン島の漁港、マーケット

教会すぐ近くの市場。相棒が買い物してる間に筆者はハンモックで一休み。

てか店員も商売そっちのけで昼寝してたな。シェスタ文化強め。

漁港。色々貝殻の土産物とか売ってた。水も綺麗です。

カリコアン島の山

なぜかバイクで山登ろうぜ、という話になったのでバイクで登頂。

頂上には発電所しか無かった。しかし険しかった。

カリコアン島の青い洞窟

青い洞窟。

ガイド無しには辿り着けない場所。200ペソ位払ったかな?

カリコアン島の森林奥に流れる川

なぜ撮影したか分からない一枚。記念パピコ。

この後3時間くらい森で迷ったのは秘密。

終わりに

家電はやっぱり「PENSONIC」ですな!

はい、いかがでしたでしょうか?

東サマールの奥地「ABCDビーチ」のご紹介でした。

日本語でサマール島に関する記事は災害の事ばかりなのでネガディブなイメージを持つかもしれませんが、是非訪れてジャンジャンお金落としましょう!

またこの地は欧米系マニアックサーファーにとってはそこそこ名が知れているようです。シャルガオ島ほどアクセスが良くないですが、サーフィンするには最高です。

夜は一切の娯楽無し、外灯も一切無し、何もする事がありません。飲食店もチキン屋しか有りません。宿泊先で食べるしか有りません。(2016年9月時点)

現実から逃避したい人にオススメです。あー、また行きたいっ!

The following two tabs change content below.

freemeisan

そろばんの先生/会社経営IPPO Japanese Math Inc.
日本、インドネシアで勤務、その後フィリピンで起業。中東やアジア地域の旅行事情に詳しい。その他フィリピン英語留学やサーフィンなども。人生のネタは尽きません。元ギャンブル依存症です。
スポンサーリンク

シェアしてねっ!

フォローしてねっ!