【太平洋セメント】セブ島サンフェルナンドでサーフィンが出来るらしい。

みなさんこんにちは。3度目の飯よりサーフィンが好き、フリーメイさん.comです。さて、今回はセブ島サーフィンスポット探索ネタ。セブシティからバイクで2時間ほど南下した街、「サンフェルナンド」へ行ってまいりました。(2017年4月24日ですね、だいぶ前!)

スポンサーリンク

San Fernando訪問のきっかけは一通のFB投稿

おお!なんだこれは!

がっつり波が入ってる。。

なんだコレは!本当にセブ島なのか?

だが日本語、いや英語は勿論のこと、ネットでいくら「San Fernando」検索しても中々具体的な情報が出てこない。検索1ページ目であっても具体的な情報は「San Juan」のみ。
*ルソン島のサーフポイント”ラユニオン/La Union”とほぼ同義の意。

違うんだ、ワシが求めるのは”セブ島”のSan Fernandoのサーフィン情報だ。

とりあえず直接サンフェルナンドまでバイクでGO!!

寄り道したから2時間弱掛かったかな。バイクだし。

サンフェルナンド市内中心部っぽい所に到着。教会付近と言うことも有り。なにやら賑やか。

とりあえずカラフルなマンゴーシェイクを。小さいので5ペソ、大きいので20ペソ。田舎は安い。

少し休憩し付近の人へ上記の「FB投稿写真」を見せる。でも誰も分からない。まぁサーフィンしない人は興味ないよね。サーファーを探し出さねば。海岸へ出るぞ。海岸へ。

手当たり次第「海岸」に出る作戦へ

クネクネ道をバイクで走り回る。海だ!

おっと、しかしロータイドだ。干上がっていて、さっぱり分からない。

ちなみに写真右のバイクがワシの愛車「Honda Wave110cc君」だ。よろしく。

するとそこに、地元の兄ちゃんがやって来たので、期待せず「FB投稿写真」を見せる。

すると「勿論知っているぞ、太平洋セメントの港だろ」とのこと。

兄ちゃんイケメンやな。サンクス。早速地図を確認!

うは!コレは近いぞ!一度教会のある大通りへと戻ります。「太平洋セメントの港」から一番近い海岸を目指す。(太平洋セメントの港へはどう考えても入れませんので)

しかも結構綺麗。もっと汚水にまみれてサーフィンするイメージだった。

もっとポイントへ近付く。

うんフラット!波一切無し。もう帰る!

ただ冒頭の「FB投稿写真」の撮影現場は間違いなくココであろう。ぜひ上下の画像を比較して欲しい。

そしてまた波が来たら再訪したい。

出典:Go San Fernando FBページ/2014年9月13日投稿より

出典:Go San Fernando FBページより/2014年9月13日投稿より

波チェックなどの参考サイト

波は当然台風に左右される。内海なのでその影響は顕著だ。

【Go San Fernando】FBページ
https://www.facebook.com/GoSanFernando/

【The House of Sexyboys】FBページ
https://www.facebook.com/pages/The-House-of-Sexyboys/1057294550972475

上記「Go San Fernando」のFBを過去記事を辿っていくと、下記動画へ..セブ島ヤバい。

終わりに

結果として、サーフスポットを発見することができたが、波のある時期を外しているのでサーフィンそのものは出来なかった。しかしセブ島という内海の島で波が立つ。これを発見出来ただけでも非常に有意義な経験となった。

で、肝心の波はいつ来るの?

その疑問には正確にはお答え出来ないが、その後のサーフィン関連のFB投稿日をみてみる限り「8月-10月」を中心に毎年投稿されてる模様。なので恐らくその時期なんじゃないかと思われる。ちなみに後に紹介する「アルガオ」もまさにその時期がシーズンとなる。

ちなみにこの取材の半年後の2017年10月、セブ島のサーフポイント「アルガオ」を発見することになる。セブ島アルガオのサーフィン記事に興味のある方はこちらを見てほしい。

今後もまだまだ世に中に出ていないセブ島のとっておきのスポットを探索していきたい。

ではではさようなら!

The following two tabs change content below.

freemeisan

そろばんの先生/会社経営IPPO Japanese Math Inc.
日本、インドネシアで勤務、その後フィリピンで起業。中東やアジア地域の旅行事情に詳しい。その他フィリピン英語留学やサーフィンなども。人生のネタは尽きません。元ギャンブル依存症です。
スポンサーリンク

シェアする