えっ、そうだったの?資源国家インドネシアの歴史!【紀元前〜1945年】

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク

歴史まとめ① 紀元前〜1945年

紀元前1世紀〜13世紀頃

紀元前1世紀頃よりインドの貿易商が活発に現在のインドネシア地域に流入。

7世紀頃にスマトラ島を中心に仏教王国、ジャワ島を中心にヒンドゥー王国が成立。

13世紀頃にはヒンドゥー教のマジャパヒト王国がインドネシア地域及びマレー半島一円を支配し黄金期を迎える。

13世紀後半〜1511年

商人通じてイスラム教が伝播。北スマトラにイスラム国家成立。

15世紀に入りジャワ島のヒンドゥー王国がバリ島まで勢力後退しイスラム化が決定的に。

ポルトガル時代

1511年、ポルトガルによる植民地化

1580年、スペインのポルトガル併合。スペインによる植民地化

1602年、オランダ東インド会社設立、スペインの香辛料貿易独占に対抗。

オランダ時代

1619年、オランダ東インド会社主導の植民地化とスペイン撤退。

1799年、オランダ東インド会社解散、オランダ本国による直接統治へ。

オランダ人によるプランテーション経営が強まる。

1941年12月、オランダ領東インドによる対日本への宣戦布告

日本時代

1942年3月、日本軍による印蘭作戦によりオランダ領東インドを全面降伏させ日本統治下へ。

1945年8月15日、日本が連合国に対して全面降伏。 

f:id:freemeisan:20140831003805j:plain

ファタヒラ広場 北ジャカルタコタ地区 

香辛料、資源が豊富だったが為、原料供給地や石油生産地として他国の思惑に翻弄された過去を持っています。現在でも資源流出は続いていますが時として輸出規制といった形でセーブが働いているのではないでしょうか。

次号に日本撤退以後の歴史に続きます。

さいなら。

The following two tabs change content below.

freemeisan

そろばんの先生/会社経営IPPO Japanese Math Inc.
日本、インドネシアで勤務、その後フィリピンで起業。中東やアジア地域の旅行事情に詳しい。その他フィリピン英語留学やサーフィンなども。人生のネタは尽きません。元ギャンブル依存症です。
スポンサーリンク

シェアしてね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です