【10月実績】12,294PV、収益6,499円でした!

【保存版】アジア海外就職を実現!オススメ転職エージェント5選【おまけ付き】

この記事は約10分で読めます

男の子

海外就職に挑戦したいんだけど、コネも無いしどうしたら良いか分からないよ

女の子

フリーメイさんに聞いてみましょう!あの人インドネシア海外就職してたはず
あー海外就職?コネも無いなら、とりあえずいくつか「転職エージェント」に登録しておけばええで

フリーメイさん

はじめに
海外就職する人たちって、すごーい!どうやって仕事探したの?インドネシア海外転職経験のある筆者も聞かれることが増えたので、今回は海外就職に必須な「転職エージェント」を紹介します。5分程度で登録は完了しまうのでぜひ(完全無料で使えます)

フリーメイさん

エージェントにより特色アリ!最低3社は登録すると案件情報の多角化が図れて便利

海外就職したいなら「転職エージェント」は使った方が良いよ

 

転職エージェントへ登録するメリット

  • 表に出てこない「非公開求人」が見れる
  • エージェントはアナタを内定まで面倒見てくれる最大の理解者
  • レジュメ・職務経歴書の添削、面接対策などのサポートも厚い
  • 給与交渉や万が一の退職時のトラブル等にも対応してくれる(実体験ありw)
  • 完全無料で利用できちゃう

そもそも転職エージェントを使うべきかどうかという話をすると、正直な話、その人の英語力や就労経験によると思います。

すでに海外での留学経験や勤務経験があり、英語が堪能でLinkedIn等を利用してガンガン自ら就活できる人は不要でしょう。

しかし世の中(僕も含め)普通の人ばかりでしょうし、転職エージェントにお世話になることも大切でしょう。

フリーメイさん

そもそも日本語の通じる日本国内でも転職エージェント使うだろ普通。というお話ですね

またエージェントを使うべき別の理由として、何人かインドネシア勤務時代に、就職トラブルにあった人もいました、例えば「給与が支払われない」とか「面接では、条件良さそうなこといってたのにイザ働いてみると全然給与も低くて、しかも就労ビザ代も実費」だったとか。

海外で右も左も分からない情弱かつ英語も得意でないの日本人の若者を言葉巧みに誘導してコキ使うのは、現地企業にとっても簡単なのです。そういった無知ゆえに起こらないように転職エージェントは機能している面もあります。

フリーメイさん

実際に私はインドネシアやフィリピンで働いていたので、そういったトラブルとかよく聞きました。そういったネガティブな要因を全て未然に防げる人は自力で就職しても全然問題無いと思うけど、それって実際に無理でしょ?

なので必ず「転職エージェント」を通すことをオススメしています。

ちなみに、アジア就職を目指すならJACRGFの2社は必ず登録しましょう。

筆者もインドネシア海外就職時に実際に利用して内定頂きましたよ。

【海外就職経験者が語る】26歳からのインドネシア・ジャカルタ転職!

この2社はアジア各地にオフィスを構えて、現地で地元企業や進出日系企業と関係を築きながら商売をしています。

ですので自ら信頼をなくすようなことはできませんし、その辺の給与トラブルなどに関しては徹底的に現地企業との取引時にクリアにしているはずでしょう。

海外でしなくてもよい余計なトラブルに巻き込まれて消耗したくなければ、転職エージェントを利用しましょう。そもそも無料ですし

転職エージェントの目標はアナタが内定を取ることです。彼らは「同じ目標を共有する」で理解者であり仲間です

転職エージェントは複数登録したほうが良い

ちなみに転職エージェントは複数登録するとよいでしょう。

理由はエージェントによって紹介できる求人案件は違いますし、力を入れている国や地域も全く異なります。

なので色々な案件をみてみて最終的に「やりたいこと」と「現実」を照らし合わせながら、海外就職を進めていくのが良いと思います。

フリーメイさん

最初から働きたい国、働きたい職種がしっかり決まっている人は稀ですしねー

また海外就職後もメルマガ等で定期的に案件紹介をしてくれる会社も多いので、都度最新の各国の現地採用相場を確認できたりします。万が一就職先の仕事が合わなかった、という場合もスグに動けますしね(⇒情報多角化によるリスクヘッジ)

ちなみに私の場合はJACRGFビズリーチの3社を登録しています。

RGFは定期的に友人紹介キャンペーンなどもやっていますので海外で働いている僕は、誰か働きたいという友人がいれば紹介してあげることもできます。そこで紹介料を得て副収入を得るなんてのも美味しい話ですよね。

登録すればするほどそういったチャンスは増えます。メリットは多いかと!

転職エージェントに登録するなら、最低3社は登録しておきましょう。
理由:情報ソース多角化、給与相場の比較のメリット、友人紹介キャンペーンの存在など

転職エージェント登録から内定までの基本的な流れ

下記リンクよりWebサイトへ⇒無料会員登録(まずはココまでOK)⇒アドバイザー面談⇒履歴書・職務経歴書添削⇒紹介先面接→内定

大まかにいうと、こういった流れになるのが一般的。どのサイトも仮登録(履歴書や職務経歴書は後日でOK)は5分ほどで終わるのでご安心を!

あ、ちなみに基本的には皆さんのような求人者側は無料ですのでご安心を。エージェントさんは内定先企業より紹介手数料を得ているのが常識です。日本でも同じですよね。

なので海外就職希望者はそれにタダ乗りしてしまいしょう。

「エージェントを踏み台にして、新しい人生を勝ち取ってやるぞ!」という気概も海外就職には必要。

フリーメイさん

まずは下を読んでみて、気になった転職エージェントサイトを登録してみよう!

リクルートエージェント【最大手の安心感!海外駐在ポジション狙える!】

リクルートエージェント社の強み
日系企業の海外駐在案件に強い。また日本での相談拠点数が一番多いびで日本国内在住の方は登録しておくと良い。相談も平日20時以降でもOK、土日も受け付けているところも転職者目線でGood。

こんな人にオススメ:日系企業の海外駐在員案件を狙いたい。とはいえ国内案件もみたい方。

国外アジア拠点:なし(下で紹介するグループ会社RGFとして有り)

公開求人数:23件、*非公開求人数384件(アジア以外の海外も含む)
データ元:リクルートエージェント社サイト内「海外の転職者向け求人情報」より独自集計(2018年9月7日時点)

「リクルートエージェント」で無料登録してみる!

フリーメイさん

日本在住者で海外転職を狙っている人はココ!日本全国にオフィスがあるので海外転職相談もしやすいはず!

RGF HR Agent【アジア就職の常識!海外勤務したい人はまずココ!】

RGF社の強み
アジア各地に多くの拠点があるので、外資系や日系企業、現地企業への海外就職に強いことは明白。また各拠点には日本人アドバイザーも常駐しているので、海外組も相談しやすい。ちなみにRGFはリクルート海外展開ブランド名で2009年設立されました。

こんな人にオススメ:外資系や現地企業へコミットしたい。また英語力はそこまで高くないのでアジア域内の日系グローバル企業で働きたい20-30代。インドネシアや中国で働きたい。

国外アジア拠点:香港、インド、シンガポール、ベトナム、インドネシア、タイ(バンコク・チョンブリ)、中国(上海・蘇州・北京、天津・大連・広州・深セン)の計13拠点。その他の地域はindeed社経由での紹介になる。

公開求人数:688件(香港53件、インド39件、シンガポール114件、ベトナム145件、インドネシア120件、タイ217件、中国298件)

*データ元:RGF社サイト内「各国・各都市の求人を見る」より独自集計(2018年9月7日時点)

「RGF HR Agent」で無料登録してみる!

フリーメイさん

筆者もインドネシアやシンガポールでの転職活動の際にRGF社を利用したよ!当時の英語力が低すぎてシンガポール就職は難しかったけど、ジャカルタで内定を得ることができたよ。JAC社は、案件数も多いので登録しておくとよいよ。

JACリクルートメント 【アジア最強エージェント!ハイクラス人材求む!】

JAC社の強み
1975年ロンドン発祥の日系転職エージェント。香港本社におきアジア最大の人材紹介会社。ハイクラス向け外資系や日系海外進出企業の案件に強み。

こんな人にオススメ:求人レベルも高く魅力ある求人が多い。実績を積んできた30-40代。香港・マレーシア・ベトナム・タイで働きたい人

国外アジア拠点:香港、シンガポール、マレーシア(KL、ペナン、ジョホール)、インドネシア、タイ(バンコク・チョンブリ・アユタヤ)、中国(上海・広州)、韓国、ベトナム(ハノイ・ホーチミン)、インドの15拠点

公開求人数:1144件(香港151件、シンガポール128件、マレーシア289件、インドネシア22件、タイ204件、中国28件、韓国67件、ベトナム185件、インド70件)、*その他イギリス70件に有り

データ元:JAC社サイト内「各国の新着求人情報」より独自集計(2018年9月7日時点)

「JAC Recruitment」で無料登録してみる

フリーメイさん

ちなみに日本国内にも9拠点有り。知名度は高くないがホワイトカラー向け転職エージェントの最大手だ。アジア海外就職をしたい人は絶対に登録すること!

DODAエージェント【日本採用⇒海外駐在ポストを狙いたい人向け!】

強み
国内案件数は12万超え、海外勤務や海外営業などの多彩な案件を347件取り揃えている。

こんな人にオススメ:本社採用⇒研修後、海外駐在員という着実にキャリアを重ねたい方向け

国外アジア拠点:なし

公開求人:347件(注意!アジア以外の海外も含む)

データ元:DODA社サイト内「勤務先、海外」より独自集計(2018年9月7日時点)

「DODA」で無料登録してみる!

フリーメイさん

現地採用ではなく、海外駐在員ポジションを狙いたい人はココ!ミドルクラスの案件多いよ!

ビズリーチ 【年収1,000万円超え多数!駐在・外資・CEO経験者求む!】

強み
年収1,000万を狙えるグローバル案件に強い。日本で管理職として働いている方は、とりあえずの登録をオススメ。外資ヘッドハンティングなどの機会があるかも

こんな人におすすめ:駐在案件や外資系企業などの海外勤務など新天地で自分の力を挑戦したい30代前後!年収1,000万円超えもガツガツ狙いたい!

海外拠点:なし

公開求人:754件(注意!アジア以外の海外も含む)
データ元:ビスリーチ社サイト内「海外事業の転職・求人情報」より独自集計(2018年9月7日時点)

「ビズリーチ」で無料登録してみる!

最近、筆者の友人がビズリーチ経由でマレーシア外資系企業へ転職しました。筆者もいつかは!

フリーメイさん

求められているのは「即戦力」なだけあって、余裕で1,000万円を超えてくる求人をみているだけで面白い。「CEO募集!年収2000万円!」とか。栄光を手にできるのは手を動かした人のみ。レジュメを提出して、ハンティングを待とう!

転職サイト:海外就職の給与相場をサラッと確認できて便利

今回はタイトルに有るとおり「保存版」というだけあって、筆者のお気に入りサイトを4つ紹介しますね。

いずれもサクッとみれるのでおすすめですよ。また給与水準やどういった業務内容の仕事があるのか、詳細に書いてあるので、海外で働くというイメージが付きやすいと思います。

メリット:登録不要で、サクッと各国の相場を確認できる。

デメリット:転職エージェントサイトとは違い「公開求人」しかみれない。ハイクラス求人が少ない。

フリーメイさん

転職”エージェント”の場合は「未公開求人」を多く持っている。つまり企業経営者や海外展開の現地CEO案件なんかは、なかなか「公開求人」にはなりにくいことが普通だからね。そういった重要なポジションを公開してしまったら、競合に悟られてしまうからね。最悪株価なんかも変動してしまうので

終わりに

はい、いかがでしたでしょうか?

今回はかなりのボリュームにはなりましたが、海外就職に挑戦したいけど、やり方が分からないという多くの人に向けて、この記事を読めば、海外就職の一歩を踏み出せることができれば良いな、と思い作成しました。

上で紹介した、いずれの転職エージェントも「仮登録自体」はサクッと5分程度で完了してしまうので、まずは登録してみて下さいね。レジュメや履歴書の添付も不要ですので。

ちゃちゃっと登録して明るい未来を掴みましょう。

海外で働きたいなら転職エージェントを使おう!
  • 彼らは「内定を掴む」という共通の目標を持つ理解者である
  • 紹介できる「国・地域や職種」も違うので最低3社は登録すると良い
  • 無料で使い倒して海外就職・駐在員ポジションを奪取するという気概は大切

フリーメイさん

繰り返しになりますが、転職エージェントの利用は無料でっせ。なのでタダ乗りしてしまえばええと思うで〜
【海外就職経験者が語る】26歳からのインドネシア・ジャカルタ転職! 【サウスピーク体験談】セブ島留学したら3ヶ月でTOEIC370点も上がった話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください