【環島1/3】6泊7日で台湾自転車一周に挑戦してみた【台北→墾丁】

男の子

ねぇ、ねぇ「環島」って知ってる?台湾島を自転車で一周するみたいなんだけど
実は2013年8月にワイも挑戦したで。台湾自転車一周またやりたい!

フリーメイさん

男の子

さすがっ!その話を詳しく聞かせて!

この動画は「台湾交通局観光局」の環島の紹介動画なのでぜひ見て欲しい。

環島(=ファンタオ)

それは台湾島1,000kmを自転車で走破するというもの。

実際に環島に挑戦して思ったのは、大都市台北はもちろんのこと地方も面白いということ。日本とは歴史的背景からしても切っても切り離せない国です。

お年寄り世代となった昔を知る日本語世代と会えるのも寿命の問題からそんなに長くないでしょう。「失われた日本文化」に会いに行ってもませんか?

また台湾は温泉食文化も非常に豊かです、南国なのでフルーツも美味しい。人も温かみの有る人が本当に多いと思います。

そんな魅力溢れた「台湾」、その素晴らしさを5年の時を経て今記事にして伝えたいと思います!(記事内の日本円価格は2018年6月のレートで算出)

台湾(Taiwan)基礎データ

【面積】:3万6千平方キロメートル(九州よりやや小さい)

【言語】:中国語,台湾語,客家語等

【人口】:約2,357万人(2018年3月) *台北市-約268万人,台中市-約279万人,高雄市-約278万人,新北市-約399万人

【宗教】:仏教,道教,キリスト教

【名目GDP】:5,732億USD(農業1.7%,工業35.4%,サービス業62.9%)

【1人当たりGDP】:24,337米ドル

【通貨】:1米ドル=約29.8台湾ドル

【在留邦人数】:21,887人

外務省:台湾基礎データ

今回の旅の進路(2013年8月25日〜8月31日)

【0日目:東京→台北】エアアジアで台湾へ!

祐天寺から羽田空港へ

04:30 当時住んでいた祐天寺の自宅を出発し、品川駅まで自転車を漕ぐ。その後は羽田空港まで輪行。品川駅で人生で自転車を分解したので予想外に時間が掛かった。

フリーメイさん

自転車を分解して専用の袋に入れ、電車バス・飛行機などで移動することを「輪行」と呼ぶぞ。

07:50 羽田-台北エアアジア便に乗り込む!確か往復2万円以内でだったハズ。

10:00 桃園空港に到着。羽田→台北は約3時間です。

桃園空港着、バスで台北市内へ移動

13:00 市内到着!台北駅付近でバスを降り、愛車「エスケープAIR」をささっと組み立てる。

しかし!

せっかく持ってきたクロスバイク用の空気入れの使い方がさっぱり分からず困り果てる

そこに台北のお巡りさん登場!市内の自転車屋さんまでパトカーで運んでくれるという嬉しい出来事が!

フリーメイさん

お巡りさん、その節は大変有難うございました!空気入れの使い方勉強していなくてご迷惑お掛けしました!

見よ、これが台北屈指の屋台街「士林夜市」だ!

19:30 台北にある士林夜市へ!沢山の屋台が立ち並びます!

台湾って凄くほのぼのとして凄く好き。

台北初日の宿。その辺でおばちゃんに付いていったところなので正式なホテルなのかは知らない。

突然の台湾人の陽気な別のおばちゃんが部屋に入ってきて談笑して帰ってたり。割と楽しい宿だった。1000台湾ドルだった気がする。

23:30 久しぶりの運動が「台湾島自転車一周」とかワシの身体は持つだろうか、、ということで早めの就寝。

いよいよ翌朝から台湾島自転車一周の旅「環島」の始まり。

7泊8日「環島」攻略のポイント!
  • 台湾島一周はルートによるが約1000km
  • 10日間前後で回るのが一般的。すなわち1日100km走破が必須
  • 日時:2013年8月24日(土)
  • 旅の軌跡:東京→羽田空港→桃園空港→台北市内
  • 走行距離(当日):-
  • 走行距離(累計):-
  • 宿泊地:台北市内ホテル(1,000台湾ドル/約3,670円)

フリーメイさん

自分は6泊7日なので1日150kmが目標となるぞ!

【1日目:台北→頭份】旅の始まり!台湾島1,000kmを往く!

「環島」攻略の為の装備はコレだ!

09:30 旅の起点「台北駅前」での一枚。

旅の荷物は全て後輪サイドバッグに収納。これから始まる1週間の旅舐めていますね。決して「ミニマリスト」な訳ではない。ただの準備不足ですね。

この男、無計画につき。

フリーメイさん

重いの無理ぽ
  • 使用車種:GIANT社「ESCAPE AIR」←重量10kg以下、定価5万円以内!
  • カメラ:Canon IXY3
  • スマホ:iphone5C、WiFi運用
  • 備品:ロックワイヤー、空気入れ、ペットボトルホルダー、速度距離メーター、夜間LEDランプ、後輪サイドバッグ(OSTRICH社)、輪行用バッグ(OSTRICH社)、ハンドル下に付ける小型ポーチ、予備のチューブ。小型工具
  • その他:台湾全土地図、ミニカバン、チープカシオ、ビーチサンダル(H&M)、ハーフパンツ2枚(Patagonia)、Tシャツ2枚(不明)、帽子(不明)、首掛けタオル(不明)

出発!台3線を南下し新北市を通過!

10:30 天気もよく最高のサイクリング日よりですね!

いやー台湾の道路は快適ですね。ゴミひとつ落ちておらず気持ちの良いものです。

道路も自転車バイク専用道が設置されており安全です。

お昼は「三峡老街」で台湾牛肉麺を食らう。

11:30 三峡老街着

お寺に行って旅の無事を祈る。

そして大好物の牛肉麺をすするっ!170-200台湾ドルだったかな。500円位。

2時間も長居してしまった…

13:30 三峡老街発。台3線を往く!

15:30 「台3線」を南下、南下!

何度地図を確認しても、これっぽちも進んでいないことに不安を覚え始める。

うん、台湾でけーな。

走り始めるまではなんとなく一日150kmは走れるよね、っと思っていたが、そう簡単にはいかないことを今さら認識し始める。

17:00 横山駅の側道を通過。

「台3線」をずっと走っているみたいだ。

19:00 頭份市内に到着。山中で日没を迎えそうになり相当焦ったが、なんとか街へ到達。

頭份到着後はホテル探し、市内の安ホテルへ。

初日の走行距離119.99km。実走行時間は約7時間なので大体時速18km/h。(全然進んでない!汗)

フリーメイさん

あかん。1日150km走るには、走行ルート選定や早起きが必死や。明日に備えてもう寝る!
  • 日時:2013年8月25日(日) *1日目
  • 旅の軌跡:台北市→三峡老街→頭份
  • 走行距離(当日):+119.9km
  • 走行距離(累計):119.9km(+119.9km)
  • 宿泊地:頭份市内の安ホテル

フリーメイさん

次ページに続きます!無駄にクリックさせてごめんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です