【サバゲー】セブ市街戦!ストレス解消に最高っ!

サバゲー女子
英語の勉強ばかりで疲れちゃった!あースカッとしたい!
パリピ男子
セブにサバゲーできるとか無いんですか?うぇーい
フリーメイさん
そういうことなら「Siege Paintball」でサバゲーでもやろうー

本動画はYoutubeで発見した実際のプレイ映像だ。臨場感があって戦場に行きたくなってしまうはず。

スポンサーリンク

SIEGE PAINTBALL:予約方法や場所

名称: Siege Paintball Cebu
住所: E Sabellano Street, Cebu City, 6000 Cebu
営業時間: 09:00-18:00(日曜休み)*要問い合わせ
連絡先: 0933-650-0649
FBページ: https://www.facebook.com/SiegePaintballCebu/
予約:
  1. FBメッセンジャー or SMSで
    「日時、チーム名、人数、希望使用フィールド」を伝える。
  2. 仮予約完了
  3. ゲーム開始1日前までに「1,000ペソ」の予約前金を支払う。
  4. 本予約完了
  5. ゲーム前オリエンが有る。開始15分前には到着目指そう。
予算:

500ペソ/人見ておけばOK。10人位いると盛り上がるぞ。

備考:

駐車場有り、トイレ有り。シャワー室や更衣室無し。水販売有り(15ペソ)

正面手前が駐車場、奥が受付。左側がジャングルステージ、右側が市街地フィールドだ。

フリーメイさん
我々は広めの市街地フィールドで戦ったぞ。

SIEGE PAINTBALL:料金など

受付所内、防具やガスの補給ができる。水の販売も有る。

料金詳細 *2017年5月時点

基本料金(最初の1時間)

★市街地フィールド:P300/人

★ジャングルステージ:P250/人

*延長1時間につきP50/人
*上記はレンタルガン、弾40発、顔マスク、水一本が込み
*追加弾はP3.5ペソ/発

防弾ベスト、ハンドグローブ各P50でレンタルが可能
長袖、長ズボン、靴は各自で準備すること。(サンダルは危険なので×)

戦場紹介

市街地フィールド:P300/人/最初の1時間、大人数向け

ジャングルステージ:P250/人/最初の1時間、ゲリラ向け

スケジュール

【午前の部】

ゲーム開始:09:00-11:55

ランチ:11:55-12:55

【午後の部】

ゲーム開始:13:00-15:00

休憩:15:00-15:20

ゲーム開始:15:00-17:00

いざ戦地へっ!

…の前に安全対策の為のオリエン!頭は狙ってはダメ!

米国人軍曹ジョン氏よりゲーム説明を受ける。

ジョン氏「いいか貴様ら、頭を狙うことは禁止だ!絶対だぞ、絶対だ!」

出川「イエッサー!」

戰地を前に気を抜けない。ジョン軍曹の激励をバネに頑張りますっ!

戦闘開始。突撃っ!ワーッ!オオォーーー!!

2017年5月某日、セブ市内某所。

平和なセブ市街地で、突発的な戦闘が始まったぞ!

開戦理由は「マック派orジョリビー派」の抗争らしい(嘘)

16名の戦闘員がセブ市内から続々と集結。日頃の鬱憤を弾に乗せてこめて打ちまくるぅー!

まさに戦場っ!市街戦なので住居などを利用して相手の背後を突くうっ!

広いでしょー!16名でも十分に楽しめましたが30名でもイケる広さでごわす!

ゲーム開始2時間で終了!当初は4時間やるつもりでしたが、無事体力の限界を迎えました。

フィリピン猛暑期に当たる5月、そして13時スタートの炎天下はとても応えます。

番外編:一人でも遊べるぞっ!

前日、予約金の支払い時に試し撃ちしたぞ。

20発/100ペソ、40発/160ペソ。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

セブ島での生活はビーチなどに行かない限り中々退屈です。私もカフェに行く位しかやる事ないのでこういったアクティビティーは非常に楽しいものがあります。

職場の仲間、語学学校の友達などを誘って思う存分打ち合いましょう。

ちなみに「Siege Paintball」では撮影班も戦場同行してくれるぞ。さらにFBへも投稿してくれるのでゲーム後も楽しめる事間違い無し!

「予約時の名前」がFBにネーミングされるので面白いチーム名にするとベター!

ではまた戦場でお会いしましょう!さようならー!

名称:Siege Paintball

予算:500ペソ/人

人数:10名以上が望ましい

時間:2時間あれば十分楽しめる。

注意:汚れてもよい「長袖、長ズボン、靴」は必須。

The following two tabs change content below.

freemeisan

そろばんの先生/会社経営IPPO Japanese Math Inc.
日本、インドネシアで勤務、その後フィリピンで起業。中東やアジア地域の旅行事情に詳しい。その他フィリピン英語留学やサーフィンなども。人生のネタは尽きません。元ギャンブル依存症です。
スポンサーリンク

シェアしてねっ!

フォローしてねっ!