【シャルガオ島】フィリピンでサーフィンするなら「クラウドナイン」へ!

シェアしてねっ!

男の子
今度の連休でシャルガオ島へサーフィンへ行こうと思うのだけど
女の子
シャルガオって、サーファーたちで有名な秘境ポイントだよね?
フリーメイさん
そうそう世界的にも質が高い波といわれ国際大会も開催されてるよ。波もチューブ巻きまくりの迫力満点だったよ!

今回の記事ではフィリピン最強の波が来るシャルガオ島・クラウド9。行き方、サーフシーズン、ポイント、宿泊ホテル、観光地などを紹介していきます!近年マニラからの直行便やセブからの増便などが有り、多くの人々がクラウドナインへサーフトリップへ詰めかけます!

シアルガオ島(英語:Siargao)はフィリピンのミンダナオ島の北東部に存在する島。シャルガオ島とも呼ばれる。マニラの南西800kmほどの位置にあり、北スリガオ州に属している。

面積はおおよそ437km2であり、東岸は比較的深い入り江となっておりピラー港が存在する。海岸線は連なった珊瑚礁に囲まれており、小さな岬と白い砂浜がある。近隣の島や小島も良く似た地形をしている。

★人口: 64,802人(2010年時点)
★人口密度: 103/km2

シャルガオ島 wikipedia

こちらが「シャルガオ島クラウド9」の波です。チューブの永久機関です。

スポンサーリンク

シャルガオ島:行き方

2017年11月現在、日本からの直行便は無いので、下記2つのフィリピン国内都市を経由していくことになります。

クラウド9への入り口

空路:マニラ→シャルガオ

便名 出発 到着 就航日 通常価格帯
 M8-421 マニラ発 10:00 シャルガオ着11:20 毎日 P3,650
 M8-422 シャルガオ発 11:50 マニラ着13:10 毎日 P3,650 

2017年2月24日から「SKYJET」よりマニラ・シャルガオ便が就航し、アクセスがどんどん良くなってきています。そのため、近年クラウド9も混み合い始めています。

なお、就航日、料金は流動的なので、SKYJET AIRLINES Webサイトにて確認してください!

空路:セブ→シャルガオ

マリア様のご加護がある限り、墜落する心配は皆無でしょう。

往路:

便名  出発  到着 就航日 通常価格帯
DG6851 セブ発 07:50 シャルガオ着 08:50 毎日 P3,000-P4,000
DG6853 セブ発 09:55 シャルガオ着 11:00 毎日 P3,000-P4,000

復路:

便名  出発 到着 就航日 通常価格帯
DG6852 シャルガオ発 09:15 セブ着 10:20 毎日 P3,000-P4,000
DG6854 シャルガオ発 11:20 セブ着 12:25 毎日 P3,000-P4,000

セブからの飛行機の値段や時刻は、各自セブパシフィックエアーでチェックして見てほしい。https://www.cebupacificair.com/

海路:セブ港→スリガオ港→シャルガオ・ダパ港(*非推奨)

かつて「シャルガオ秘境時代」はフェリーでのアクセスしか無かったが、現在は空路アクセスが容易になった。

その為、交通費が安いこと以外でスリガオ港→シャルガオ・ダパ港の海路ルートへ使うメリットは少ない。唯一シャルガオ行きの航空券が高騰した場合に使うことが考えられる。

船ルート 出発 到着 費用
セブ港→スリガオ港 19:00 翌03:30 P825-P1,025+ターミナルフィーP25
スリガオ港→ダパ港 05:00 08:30 P257+ターミナルフィーP10 

*2018年6月に実際に船ルートでシャルガオ島に行ってきました。その時の記事はこちらから。

シャルガオ島の「サヤック空港」に着いたら、、、

こんにちは!私をクラウド9に連れてって!

デートや団体の場合は、良いホテルを予約して有ると思うので「ホテルの送迎サービス」を予め予約しておくとスマート。

そうでなくても、ご安心を。

空港に着いて外に出ると、クラウド9までの乗り合いバン(P300/人)やハバルハバル(P200-P300/人)が貴方の到着を心待ちにしているのでそちらのご利用をどうぞ。

シャルガオは魚も美味しい。マグロうまうま。

シャルガオ島:サーフシーズン

出典:Ocean 101 Beach Resort FBページより。2017年10月22日の一枚

クラウド9は長い恵まれた地形から1年の大半サーフィンができます

しかしどうしても外したくない人は下記参照下さい。リンク先がとても詳しいです。

●クラウドナイン サーフシーズン

◆4月―5月 スプリングシーズン(★★)
◆6月―7月 アーリーサマーシーズ(★★★)
◆8月―11月 サマー・レイトサマーシーズン(★★★★★)
◆12月―3月 ウインターシーズン(★)

出典:サーフアドベンチャー エイトバード様ウェブサイトより

筆者自身も下記の時期に行っていますが外してません。

  • 2016年5月9日-5月13日(5日間)
  • 2017年6月25日-6月27日(3日間)
  • 2018年6月12日-15日(4日間)*記事はこちら

(追記:10月-4月なら)いつでもチューブ巻いてます。ひたすら一定タイミングで波が発生するので、中級者以上の方なら大満足の波を味わえますよ。マシンウェーブ半端ないです。

正直、初心者はハイシーズンに行っても、波がでかすぎて恐怖心が強くなってしまうので、シーズン外でも全く問題ないと思います。

2016年5月10日のクラウド9の様子

地元サーファーも、ピークシーズンの9月は「クラウド9」は危ないので入りたくない、と言う人がいるレベルです。もちろん「クラウド9」に限った話なので、他のポイントに行けば9月でも遊べるのでご安心下さい。

波チェック

Love & Peaceですね。愛を育むというのは素晴らしいことです。

「Ocean 101 Beach Resort」が定期的に現地波情報をFBへ投稿しているので、そこで確認できるぞ!

Ocean 101 Beach Resort FBページ:https://www.facebook.com/ocean101resort/

シャルガオ島:サーフポイント

クイックシルバー *クラウド9(左)

クラウド9隣のポイント、サイズ一回り小さいので初心者でも中級者でもok。

ロックアイランド/Rock Island

行き方:クラウド9近くの船着場から、「クラウド9」を起点にジェネラル・ルナと反対に進んだところにある。P200/人。二人でもこの値段だった。安い。

クラウド9付近のロックアイランドの船着場。

ダコアイランド/Daku Island

ジェネラル・ルナの船着場。こちらはダコ・アイランド行きだ

行き方:ジェネラル・ルナ船着場から行ける。値段が行ったことないから知らない。

シャルガオ北部に無数

Ocean 101 Beach Resortの壁面に有るサーフポイントの古地図?

パシフィコとかその他ポイントは無数に存在しそう。まだ見ぬ波を探すのも楽しそう。 

シャルガオ島:宿泊

Point 303 Surf Resort

価格帯:P750/1部屋〜 P900/ファン2人部屋

メモ:クラウド9より歩いて3分位。手頃な値段でコスパMAX! 朝食のサンドイッチが旨くて、安い。80ペソだった気がする。板のレンタルは無かったので、クラウド9前にいるお兄さん達から借りよう。

予約はアゴダエクスペディアでok

Ocean 101 Beach Resort

ロータイドになる昼間はサーフィンができないので、ビリヤードで遊ぶか、ハンモックで寝るか。安心のリゾートだ。可愛い店員さんもいっぱいいるぞ。

友達とワイワイやりたいならここがオススメ。マンゴーカレーP260かベジタブルカレーP260がメチャクチャうまい。3日間食べても飽きない。

価格帯:P2,500/1部屋2人。エクストラベッドP900/日

メモ:ビーチより近いことを謳っているが、実際にクラウド9まで500mほど歩くので意外と距離を感じるだろう。でも全体的に満足度は高いのでオススメする。

その他:レンタルボードP500ペソ/日、空港送迎バンP300、インストラクターP300/半日、アイランドホッピング手配もok。

各宿はアゴダエクスペディアから予約するとプロモで安く泊まれるかも!他にも、魅力的な宿はたくさんあるので探してみて!

シャルガオ島:観光

マグププンコ-天然プール

その辺のマングローブ

夕日とマングローブ。女の子と来たかった。

バイクレンタルは300-400ペソだ。

クラウド9に飽きたらボード積んで海外沿いに北上するのも有りだ。夕方は街灯がほぼ無いので要注意!

シャルガオ島:終わりに

シャルガオに二回訪れた印象としては、1980年代のバリ島のイメージだと感じました。

フリーメイさん
(僕、その年に生まれていないから知らんけど)

近年アクセスがどんどん良くなり、訪れやすくなったことから、どんどん投資も進むでしょう!フィリピンの「バリ島」になるポテンシャルを秘めていると思っています。

一年中波が有り、開拓の余地が沢山ある

バリ島は現在、急激な開発が進み「ハイアット」「マンダリン」「シャングリラ」「ジュメイラ」「リッツ・カールトン」などがひしめき合っています。

一方シャルガオ島は大規模な国際資本はまだ入り込んでいなく、今後フィリピン経済の発展とともに投資が活発化するかもしれません!いや、もうすでに水面下で土地が買われまくっているかもしれませんね。

まさに「現在のシャルガオ島」=「1980年代のバリ島」の様相が伺えます!

世界各国のおっさんサーファーたちが「昔のバリ島は道路はガタガタで静かにサーフィンできてよかったよ〜観光客もいなくてさー」なんて良くいってます。

シャルガオ島もつい最近まで空路でのアクセスが無く、一部のマニアックな欧米サーファー達がミンダナオ・スリガオ港からフェリーでシャルガオ島を目指しました。道路もガタガタだったようです。

「バリの兄貴」も資産18万円を元手に、周り巡ってバリ島の土地を手に入れ、バリ投資ブームに乗っかり売却し、そこから倍々ゲームを繰り返しバリで有数の大富豪となりました。

一度、シャルガオに遊びに行くと良いかもですね!Let’s surfing!

そして僕にシャルガオ島の土地を買う資金を提供してくれる方は、ぜひご連絡くださいね。

ではさよなら。

スポンサーリンク

シェアしてねっ!

フォローしてねっ!