【ブログ飯】9月度収益6,000円突破!引き続きご愛読お願いします!

セブ島のローカルフードをまとめてみたよ【予算30ペソ】

この記事は約12分で読めます

コロンブス

セブ島の美味いストリート飯教えてくれ
教えても良いけど腹壊しても知らんぞ

フリーメイさん

コロンブス

あいー自己責任で食ってくるわー
あらすじ
フィリピン・セブで30ペソ以下で食べれちゃう格安ストリートフードを紹介していきます。「街でよくみるけど食べたことなーい」という方多いですよね。価格やどんな食べ物なのかを写真付きで軽く紹介していきますよ!
  • 1ペソ=2.1円です
  • 掲載している参考価格は2018年7月時点
  • お腹の調子が悪くなっても責任は持てません。自己責任でどうぞ!

テンプラ/Tempura

撮影場所:Fuente Osmana付近

  • 参考価格:12ペソ/3個
  • メモ:「海藻」「きゅうり」が屋台によって有り。
  • 出没地域:セブ全域

フリーメイさん一押しの激ウマローカルフード。各テンプラ屋台でソースの味が違うので食べ比べると面白い。ソースは基本的に「スイート」と「スパイシー」の2種類。筆者は断然スパイシー派だ。

セブではかなりのテンプラ屋台を食べ歩いたが、マンゴーストリートのナショナルブックストアー付近のテンプラ屋台が個人的にセブで一番美味いと思う。

ちなみにオレンジ色の丸いのは「Kwek Kwek」といううずらの卵を揚げたものだ。とても美味いので是非スパイシーソースで合わせて召し上がってほしい。

「天ぷら」がなぜフィリピンに?!
テンプラはポルトガル由来の食べ物で魚肉を油であげた料理です。室町末期に南蛮貿易を通じて日本へテンプラは伝わった模様です。当時からスペイン(1580年ポルトガル併合)とフィリピンも結びつきが強かった為、日本とフィリピン双方にテンプラ文化が伝わり独自に発展していったものと思われます。(名推理)

日本に天ぷらの調理法が伝わったのは室町時代。鉄砲の伝来とともに”南蛮料理”としてポルトガルから伝わったとされ、ポルトガル語の「テンポーラ(temporas)」/四季に行う斎日」が語源という説があります。

“南蛮料理”から日本を代表する和食へ-昭和産業

ポルトガルの天ぷら文化が大航海時代に日本やフィリピンに伝わる。そして各国で独自に発展させ「日本の天ぷら」「フィリピンのテンプラ」が生まれたわけや!これはロマンやで!

フリーメイさん

ゆで卵/Boiled Egg

撮影場所:Colon Street付近

  • 参考価格:10ペソ/個
  • メモ:ビネガーと塩で食べる
  • 出没地域:ダウンタウン他

タンパク質摂取しまくりたいキン肉マンにオススメ。

ゆで卵一つで10グラムのタンパク質が含まれるといわれている。自然界のプロテインだ。

バロット/Balut

撮影場所:Colon street付近

  • 参考価格:25ペソ/個
  • メモ:ビネガーと塩で食べる
  • 出没地域:セブ全域

バロットとは孵化直前のアヒルの卵らしい。見た目がグロいのでゲテモノ扱いされているが否定はしない。

ちなみにオプションで16日or18日が選べたりする。店によっては20日モノとかあるらしい。20日も過ぎると羽が生えてることも..

卵を割った時に温かいスープがでるのだがそれがまた美味い。上記に同じくタンパク質が豊富にふくまれるので筋肉マンにオススメ。

滋養強壮のも良いらしいので心当たりある方はどうぞ。

パンシット/Pansit

撮影場所:マンダウエ市内

  • 参考価格:15ペソ/袋
  • メモ:袋麺タイプをその場で開封して調理してもらう
  • 出没地域:セブ全域

こちらは、カラマンシー味やスパイシー味などがある。

特にカラマンシー味は絶品。ちなみにカラマンシーはライムやカボスに似たもの。

中華風おかゆ/Rice Porridge

撮影場所:Banawa, Paseo Arcenas付近

  • 参考価格:10ペソ/個
  • メモ:中華風おかゆ
  • 出没地域:バナワ他

塩味の効いた中華風おかゆ。

めちゃくちゃ美味いがあまり街で見かけないのが残念。

ライスケーキ/Bibingka

撮影場所:Fuente Osmena付近

  • 参考価格:5ペソ/個
  • メモ:見た目は最悪だけど味は保証する。
  • 出没地域:オスメニアサークル他

焼き立てホヤホヤが美味い。

相変わらず見た目は悪いが味は天下一品。オスメニアサークルへGo!

ポップコーン/Pop Corn

撮影場所:Escario Street付近

  • 参考価格:10ペソ/袋
  • メモ:塩味、チーズ味
  • 出没地域:ダウンタウン、エスカリオ、SMシティ周辺、バナワ他

ポップコーン最強説。

ポップコーンを映画館だけでなく路上で食べれるのは革命に近い。

スパイダーシェル/Saang

撮影場所:Colon Street付近

  • 参考価格:5ペソ/串、20ペソ/貝
  • メモ:ビネガーにドブ漬けして食べる
  • 出没地域:ダウンタウン他

見た目は悪いがコリコリしていて美味いぞ。

貝殻の方は注文後に貝を割って中身を取り出してくれるぞ。

衛生面や見た目の問題から上級者向け。ダウンダウン以外で見たこと無い。

シュウマイ/Siomai

撮影場所:Colon Street付近

  • 参考価格:10ペソ/3個
  • メモ:ビニール手袋をして食べるのが流儀
  • 出没地域:セブ全域

みんな大好きシュウマイだ。ちなみにフィリピンでは「シオマイ」なのでお間違えの無いように。プソ(ライス)と一緒に食べると良い。プソも10ペソ/3個だった。

ちなみにセブ島のシオマイ文化の中心は「ティサ/Tisa」だ。いつか記事にするかも。

バッチョイ/Batchoy

撮影場所:Cebu City Sports Center前

  • 参考価格:25ペソ/杯
  • メモ:ビニール手袋をして食べるのが流儀
  • 出没地域:セブ全域

バッチョイ、わっしょい。

出汁も効いてて、しかもスープもあっさりしてて美味い。

フィリピン版ラーメンといえばコレだろう。

スイートコーン/Sweet Corn

撮影場所:Colon Street付近

  • 参考価格:15ペソ/小カップ、20ペソ/大カップ
  • メモ:味付けにミルクとチリと塩が入る。
  • 出没地域:ダウンタウン、JYセンター前、サンミゲル工場前他

筆者的には甘いのは苦手なので毎回ミルク抜きでお願いしている。

たっぷりコーンを食べたいあなたに。

焼きもろこし/Baked Corn

撮影場所:Fuente Osmena付近

  • 参考価格:15ペソ/小、20ペソ/中、25ペソ/大
  • メモ:焼きもろこし
  • 出没地域:オスメニアサークル他

2年近くバイクでセブを走り回っているが、焼きもろこしを販売しているところはココしか発見できなかった。(茹でたコーンはどこでも手に入る)

ぜひサンミゲルビールと焼きもろこしで最高のひとときを過ごして欲しい。

ピーナッツ/Peanuts

撮影場所:Guadalupe付近

  • 参考価格:10ペソ/小袋
  • メモ:プレーン、スパイシー、ガーリック、ミックスなど
  • 出没地域:セブ全域

味は数種類あるが、個人的にはガーリックスパイシーをオススメしたい。

小腹がすいた時に最適のスナック。

バナナクエ/Banana Cue

撮影場所:Fuente Osmena付近

  • 参考価格:15ペソ/本
  • メモ:揚げバナナ。甘くて美味い。
  • 出没地域:セブ全域

甘い物食べたい時はコレでしょう!(食べかけの写真で失礼)

バナナといえばフィリピン、フィリピンと言えば焼きバナナ!

コロンブス

Wow!そんなバナナ!

フライドチキン/Fried Chicken

撮影場所:Colon Street付近

  • 参考価格:25ペソ
  • メモ:手羽なら25ペソ、他部位なら50ペソ。
  • 出没地域:ダウンタウン他

あつあつウマウマなので買ってすぐ食べよう。

ローカル版ケンタッキー。

フライドポテト/French Fries

撮影場所:Banilad付近

  • 参考価格:15/20/30/50ペソ
  • メモ:チーズ、バーベキュー、サワークリーム味がある。
  • 出没地域:町家マート前、ダウンタウン他

ジョリビーのポテトは塩がさっぱり効いてないので、ポテトをたらふく食べたい時はココ

味も3種から色々選べるぞ。シャカシャカ出来るし最高。

タホ/Taho

撮影場所:Cebu City Sports Center前

  • 参考価格:10ペソ/小、20ペソ/大
  • メモ:豆腐にカラメルを絡めたような感じ。セブ在住女子に人気?
  • 出没地域:セブ全域

甘い味。

たぶんセブ在住邦人にも人気だと思う。一度食べてみて欲しい。

トルネードポテト/Tornade Potato

撮影場所:Carbon Market付近

  • 参考価格:25ペソ/本
  • メモ:分厚いポテチみたい。チーズパウダー味。
  • 出没地域:カルボンマーケット他

なんと一つのジャガイモを専用の機械でクルクル回転させながら加工していく。メジャーリーガー野茂英雄もびっくりのトルネード加工だ。

普通に美味いのでオススメしたい。しかし深夜帯のカルボン裏路地でしか見たこと無いので食べたい人は死を覚悟すること。

筆者の聞き間違えでなければ地元では「クリスチャンポテト」という食べ物らしい。しかしネット上で根拠を見つけられなかったので韓国式で「トルネードポテト」と名付けた。なお韓国ではそこそこ有名なストリートフードのようだ。

ココナッツジュース/Coconuts Juice

撮影場所:Fuente Osmena付近

  • 参考価格:25ペソ/個
  • メモ:ココナッツジュースを飲み干した後は、中身の果実部分も食べれる。
  • 出没地域:セブ全域

ココナッツ丸ごと一個買っても50円ほど。セブに来たら毎日ごくごく飲んで欲しい。

中の水分を全部飲み終えたら中身の白い部分も食べよう。

ココナッツ売りに頼めば割ってくれるぞ。

ブコジュース/Buko Juice

撮影場所:アヤラ周辺

  • 参考価格:10ペソ/1杯
  • メモ:ミルク+ココナッツジュース=ブコ
  • 出没地域:セブ全域

フィリピン版ヤクルト。

どこでも売ってるので見かけたら飲もう。キンキンに冷えていればいるほどうまい。

万人におすすめしたい一品。

フルーチェ/名称不明

撮影場所:SM Seaside付近

  • 参考価格:10ペソ/杯
  • メモ:フルーチェ。美味い
  • 出没地域:バナワ、SMシーサイド前他

道路走ってて「ピーチクパーチク」と音を鳴らしながらバイクで走っているオジさんがいたら、「止まれー!!」と叫べばフィリピン製フルーチェにありつけるぞ。

甘すぎず飲みやすい。また氷でキンキンに冷えているので抜群に美味い。

インディアンマンゴー/Indian Mangoes

撮影場所:Colon Street付近

  • 参考価格:20ペソ/3個
  • メモ:塩で食べる。
  • 出没地域:ダウンタウン他

コリッと硬い食感。

ベトナムでビール片手にマンゴー食べる習慣があったような気がするので、ベトナム経験者は買うと良い。知らんけど

グリーンマンゴー/Green Mango

撮影場所:Colon Street付近

  • 参考価格:30ペソ/個
  • メモ:マンゴー。ちょい甘い
  • 出没地域:セブ全域

マンゴー。

チョイ甘。以上

スイカ/Watermelon

撮影場所:Colon Street付近

  • 参考価格:10ペソ/小、20ペソ/中、30ペソ/大
  • メモ:スイカのスライス
  • 出没地域:ダウンタウン他

スイカ。

久しぶりに冷えたスイカを食べると本当に美味い。水分補給に最適。

パイナップル/Pineapple

撮影場所:Colon Street付近

  • 参考価格:10ペソ/パック
  • メモ:パイナップルのスライス
  • 出没地域:セブ全域

パイナップル。

甘酸っぱくて美味い。確か丸ごと買っても40ペソ(100円)だった記憶。

ふじりんご/Fuji Apple

撮影場所:Colon Street付近

  • 参考価格:5ペソ/個
  • メモ:りんご。
  • 出没地域:ダウンタウン

みんな大好きふじりんご。

え、ふじ?日本産かって?多分中国産のふじりんご

え、5ペソ(10円)?安すぎないかって?知らんがな。

終わりに

いかがでしたか、今回はセブのストリートで食べれるローカルフードのご紹介でした。

ちなみに海外生活歴5年目の筆者はお腹の調子が悪くなるようなことありません。しかしながら、海外慣れしていない方はお腹を壊す恐れもあるのでくれぐれも自己責任でどうぞ!

ちなみに筆者オススメは最初に紹介した「テンプラ」です!

是非お試し下さいね(自己責任で)

【最終決定版】セブ島の最速WiFiカフェまとめのまとめ【電源有り/20Mbps保証】 【GLOBE】プリペイドSIMカードの使い方:通信プラン編【フィリピン】 【厳選7選】セブで文房具や日用品買うならココ!【ダイソー】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください