【IPPOそろばん教室inセブ】2018年1-2月期を振り返る。【海外起業】

みなさんこんにちは!セブ島でそろばん教室IPPOを運営している鵜飼です。

1月&2月度は諸々の入学規約の変更などを行いました。また実質的な第二教室として稼働しているマンダウエ教室の本校格上げを行うべく私自身もAS Fortuna付近へ引っ越しました。

  • クラウドファンディングで頂いた皆さまからの支援金を活用するために試行錯誤しています。新店舗への資金投入を考えていますがなかなか物件が決まらず..
  • また教育サービスなどのソフト面に関してもご意見を頂いたりして反省するべき課題を多くいただき非常にチャレンジングな月となりました。海外で日本の看板を背負ってビジネスをやる以上、日本人のお客様にも耐えうるクオリティーを高めることが非常に大切だと思います。今回頂いたご意見やご批評を活かして前向きに改善して前進していこうと思いますのでセブの日本人界隈の皆さまには今後ともIPPOをよろしくお願いできたらと思います。

新年といえば!新年の抱負!IPPOの子どもたちへ今年の抱負を書いてもらいました!

振り返り(2018年1月6日-2月28日)

新しくやったこと

  • IPPO生入学規約の変更(下記「IPPO入会規約の改定(2018.02~)」にて)
  • IPPO授業ルールの変更(下記「その他」にて)
  • 2名の講師の採用&育成
  • 2018年度ビジネスパーミット更新など登記関係
  • 1/13(土) セブ日本人補習校でのそろばん体験指導
  • 1/16(火) 某英語学校のモデル仕事(クラファンリターン)
  • 1/25(木) マンダウエ商工会議所への入会と総会出席
  • 1/26(金) DMM留学様よりのIPPOインタビュー
  • 1/27(土) セブ日本人会総会出席
  • 2/3(土)JEE言語交流会1周年イベント出席(記事はこちら)
  • 2/9(金)留学関連会社さん地元小学校アテンド

1/27(土) 日本人会懇親会での一枚、お餅付くの難しい!

1/27(土) 日本人会懇親会での一枚、お餅付くの難しい!

ルーティン業務

  • NPOセブンスピリットでのそろばん指導(土17:00-18:00)
  • IPPO(AS Fortuna教室)でのそろばん指導(日10:00-12:00)
  • IPPO(Banawa教室)でのそろばん指導(火水金15:00-19:00/土10:00-15:00)
  • SNS運用-Facebook/Twitter/Instagram
  • 日本の教育サイトへの記事寄稿月4本

ブラックIT企業勤めの30歳独身を演じた。天使役のモデルと奥に見えるのがブラックIT企業の鬼上司役。

できなかったこと、やりたいこと

  • プレスリリースをローカルメディア向けに発信する
  • 電子決済の導入
  • そろばんは長期教育が前提だと訴える英語動画
  • FBプロフィール画像を動画へと差し替える
  • マンダウエ市内物件探し、できれば一軒家が望ましい
  • 月額制クラファン 
  • IPPOインターン制度
  • 某NGO法人へそろばん指導開始

1/25(木)マンダウエ商工会議所 入会宣誓の図

個人的なこと

  • 日本への一時帰国(2017年12月24日-翌2018年1月5日迄)
  • AS Fortuna地区への引っ越し1月6日より
  • LTOでバイク登録更新(2月末)
  • 体調管理の為ジム通い開始、お酒は控える
  • シヌログフェスティバル参加
  • G9ビザ関係の更新

2/9(金)地元私立学校案内時の一枚!みんな元気いっぱいですね!IPPOの生徒もいますよ!

営業面(Sales)

『IPPO Banawa教室』

試験日なので、いつもに増して真剣です。頑張れ!努力したらした分だけ跳ね返ってくるのがそろばんだ!

*2018年2月より「小学1年生以上」の生徒を入学対象とさせて頂いております。小さなお子様も増え、先生の手が回らないケースが出てきており「指導力の低下」を防ぐ為、制限させて頂きます。何卒ご承知頂きますと幸甚です。

『AS Fortuna教室』 

2月末の生徒数は2名減の13名体制へ。彼らが最低週二回そろばん学習ができるように、なるべく早く体制を構築したい!授業も2コマへ拡張しました。

AS Fortuna沿いの「サウスピーク」という語学学校で日曜教室として運営しております。興味のある方は下記まで是非お問い合わせください!こちらは本教室ではなく出張教室の為お値段も安くなっております。その為、本教室と同等のサービスを提供することが出来ず一部ご不便・ご迷惑をお掛けする可能性がございますこと予めご了承願います。(鵜飼連絡先: info@ippo-abacus.com)

*2018年2月より「小学1年生以上」の生徒を入学対象とさせて頂いております。小さなお子様も増え、先生の手が回らないケースが出てきており「指導力の低下」を防ぐ為、制限させて頂きます。何卒ご承知頂きますと幸甚です。

『NPO法人セブンスピリット』

順調にそろばん上手くなっています!2月には6級に挑戦できる生徒も数名出るかも?暗算指導も開始したのでこれから急激に暗算力が伸びていくかも?とても楽しみです。

こちらは2/3に行われた「JEE」 Japanese English Exchange in Cebu / 言語交流会でのセブンスピリットの演奏の一枚です。

  1. フィリピン・日本の国歌演奏
  2. 「ミッション インポッシブル」
  3. 「モアナ」
  4. 「ともだちはいいもんだ」
  5. 「ハナミズキ」

会場からの大きな拍手が巻き起こっていました。とても素晴らしい演奏でした。

寄稿:いしど式まとめサイト

2018年1月分

【IPPOフィリピン】2018年!今年の抱負を書いてもらいました!
http://matome.ishido-soroban.com/I2d310a8

【IPPOフィリピン】IPPOクリスマスパーティーを開催しました!
http://matome.ishido-soroban.com/I6991826

【IPPOフィリピン】世界で活躍する日本人!一体どれだけの人が海外生活してるの?
http://matome.ishido-soroban.com/I688c2a3

【IPPOフィリピン】フィリピン人のそろばん先生を紹介!【ポーリン先生】
http://matome.ishido-soroban.com/I6158ac6

2018年2月分

IPPOフィリピン】フィリピン最大のお祭り「シヌログ」に参加してきました!
http://matome.ishido-soroban.com/I2e6352f

【IPPOフィリピン】セブンスピリットも出演!JEE言語交流会のイベントへ参加してきました!
http://matome.ishido-soroban.com/Ie841f0b

【IPPOフィリピン】そろばんキッズ紹介Vol.7!【セブンスピリット
http://matome.ishido-soroban.com/I878060d

【IPPOフィリピン】そろばんキッズ紹介Vol.8!【セブンスピリット】
http://matome.ishido-soroban.com/Ieed67e0

年末年始の一時帰国時に買ってきた子ども達一人一人へのお土産です。お財布や巾着が多いのは日本の子ども達みたいにお小遣い制により「お金」を自己管理する習慣をつけて欲しいと思ったので。

今回の規約変更の目的は「授業の質の保全」のために実施

おもに、、

  • 受入年齢の引き上げ(原則:小学生以上へ)
  • 半年ごとの諸経費支払い制度の廃止、入学時デポジット制の導入
  • 週1コースの廃止、フリーコースの厳格化

受入年齢の引き上げ(原則小学生以上へ)

IPPOとしては既に幼児の生徒様もいることから、新たにIPPOへ入会を希望する保護者様として納得できるものでは有りません。(なんであの子は入れてウチの子は入れない?など)

  1. 運営キャパの問題
    →全体生徒に対して幼児率20%未満が望ましい
  2. そろばん先生数の不足
    →現在2名採用し育成中。今後も増やす。
  3. そろばん教育がメジャーでない為、まず結果(=成績が上がるかどうか)が求められる。
    →幼少期のそろばん学習は脳開発においては最高のタイミング!だが上達にはとても時間がかかる。フィリピン市場でそれを求めるにはまだ早かった。
  4. IPPOとして保護者への目に見える形(=算数の成績)で結果を求めたい。
    →やはり成績を伸ばすには小学生がメイン。IPPOとしてはここをメインに生徒を集めたい。

今回年齢制限を引き上げた理由は上記で、簡単に言ってしまえば鵜飼自身の運営スキルの未熟さの一言でしょう。が、細かい点をいえば上記です。

そしてフィリピンでは塾に通うという概念がまだまだ薄い(=放課後学校内チューターが一般的)。そもそも渋滞社会で子どもが疲弊しがちで特に幼少期の子どもには辛く授業への集中が日本の事情と比べても少し厳しめ。

IPPOでも運営が軌道に乗るまでは「離脱者・退学者を最小限に抑え」できるだけ「長く継続できる子を優先」して教えたい。従い今までは入学制限を設けず幼児を受け入れていましたが、思い切って「原則小学生1年生以上」という年齢を設けました。

なぜ幼児受け入れができないのか?

一つ前もって言及しておきたいのが、日本のイシド式では3才から指導しており、幼児指導へ力を入れております。ここに関しては鵜飼/IPPOの運営キャパに問題があることだけご留意いただければと思うます。

さて幼児の場合は、どうしても先生が付きっ切りになってしまい、教室全体の指導力へ大きく影響します。経験上同じクラスに初心者の幼児が3人いると回らなくなります。当たり前のことですが大きな子どもに比べどうしても先生の教える手間が掛かってしまう為です。

できる限りIPPO第一教室の場合は、同じ時間内に複数の幼児が重ならないようスケジュール調整をお願いしていますが、他の日曜教室ではそうはいかないケースも有ります。

ただ永続的に受け入れないという訳ではなく、鵜飼自身で納得できるタイミングでIPPOとして幼児受け入れを再開する事もあります。そろばんの開始適齢期は脳の発達の仕組みからしても5歳頃がとても望ましいです。ですが運営上の都合も有り幼児の受け入れはしばらく停止します。

*日本でのそろばん経験者などで基礎ができている、親がある程度上達するまで子どもに付き添えるなど可能であれば喜んで受け入れます。

「インターネットそろばん学校」という選択も!

今後、IPPOの自身を含めた先生の質が高まり、幼児の受入体制が整い次第再開していきます。もしそれまでにそろばんを習いたいという方がいましたら、下記の「インターネットそろばん学校」をオススメします。とても分かりやすく、そろばんの基礎を習えます。

リンク:「インターネットそろばん学校」

諸経費の廃止、入学時デポジット制の導入

半年毎の諸経費(教材代な))前払い制度は廃止しました、理由は数々の割引と重なり月謝計算が煩雑になってしまい現場の混乱を招いていました。また元々諸経費の前払いは突然の退学者を減らす意味合いもあった為、この際入学時にデポジット(=保証金)として頂くことにしました。

  1. 現金払い(毎月払い)
  2. 小切手払い(6ヶ月分)
  3. 小切手払い(1年分) *1年分一括納入者は2ヶ月分の月謝無料!

1は入学時にデポジット2ヶ月分、2,3はデポジット1ヶ月分、正式な退学手続きを行った方に全額返却します。

顧客メリット実質的な授業料(教材込み)の値下げ。退学月がコントロールできる。
IPPOメリット突然の退学者を減らす。収益の安定。

出典:http://ippo-abacus.com/enroll/tuition/

また今まで「そろばん」は入塾した生徒へ完全無償で「プレゼント」していましたが、今後はしっかりと代金を頂き、よりそろばん教室に通うことにコミットして頂く形へ変えました。

注:金融制度の優れた日本のように月々の月謝を銀行口座から引き落とすなどのサービス(=銀行引き落としサービス)がこの国には皆無です。また似たようなサービスでクレジットカード読み取り機器を教室に設置することも考えましたが、在籍人数もそれほど多くもなく利便性に欠けるため採用は見送りました。

週1コースの廃止、フリーコースの厳格化

*教材費込みベースの授業料旧コース新コース(2018.02〜)
週1コースP3,000廃止
週2コースP3,500P3,000
週3コースP3,500
フリーコースP4,000P4,000

週1コースだとどうしても伸びが遅く、結果退学率が上がります。結果が出てこそ、楽しいし、子供のやる気にも繋がります。従い第一教室では廃止にしました(日曜教室は週一で継続)

フリーコースは珠算9級取得した生徒から選べます。Hop/Step/Jump教材の初心者の生徒はフリーコースの選択不可。

その他:

  • フリートライアル工程の明確化
  • レッスン時間変更(60分制→ 55分制)
  • 遅刻生徒への厳格(授業開始10分後には入室禁止)

フリートライアル工程の明確化

生徒数も増えてきて、サービスの質を今一度見直す時期が来ました。特に最初のIPPOの印象を決定づけるフリートライアルに関しては、「タイムライン」「明確なルール」「お断りするライン」を公表すべきと思いますので以下の表を作成しました。

レッスン時間変更(60分制→55分制)

理由は授業の入れ替えに時間は必要。五分前にはビシッと終わり次のクラス準備を。

遅刻生徒への厳格化(授業開始10分後には入室禁止)

 

当初は遅刻は多めに見ていました。理由は夕方に渋滞に巻き込まれてくる生徒が多く、どうしても時間が読めないこともあった為。(日本では治安も良いし学区内にそろばん塾が有り子どもは自力で通う子も多いですので全く違いますね)

ただ上を一年間認めてきて起こったことはマイナス要因ばかりでした。

  • 授業半ばで入室する生徒が多く、授業の妨げになる。
  • 遅刻の理由を述べさせると「渋滞だったから」が口癖になり教育に良くない。
  • 授業開始20分後に遅れてくる子どもには40分の授業しか提供できない、結果そろばんが上手くならない。
  • 毎回の授業開始前に「イメージトーク」という、生徒の「やる気」を高める取り組みをしているが、その時間に間に合った場合と、そうでない場合に進度の開きが生まれる。

以上のことから、遅刻はしてはダメなものと考えさせることにしました。大人になっても遅刻を渋滞のせいにしますか?毎回決められた時刻に来るにはどうしたら良いですか?そうゆうことです。

遅刻させないように子ども自身も努力することを学習させます。車で通う子どもであればお父さん、お母さん、またはお手伝いさんを動かすのも子どもの大切な役割です。また子どもから「お母さん今日はIPPOの時間だから少し早めに学校出発しようよっ!」といってもらえるような教室作りをしたいと思っています。

授業の質を高める為、2名の講師採用

まだまだ絶賛育成中です!運営と講師共に至らないところもあるかと思います。何か有りましたらお気兼ねなく鵜飼までお知らせ頂ければ幸いです。

セブ在住の皆さま、日本のそろばん関係者の皆さま、今通ってくれている保護者の皆さま、クラウドファンディングで支援してくれたサポーターの方々、本年もよろしくお願い致します!

P.S. 次回号ではセブ中が驚く特大ニュースをお届け予定なので、みんな楽しみにしていて下さい!2018年はやってしまいますよ!ではまたの記事で!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です