【日本語能力試験(JLPT)】N3ってよく聞くけど、どれだけ凄いの?

ザビエル

この前、うちの会社に面接に来た子がN3合格しています、とアピールしていたけど何なの?

コロンブス

あー日本語能力試験のことだよ。外国人向けの日本語能力試験っていうのがあるんだよ。
さすがコロンブス君、僕もネット拾える範囲で調べてみたので共有していくね。

フリーメイさん

あらすじ
最近、日本語を話す外国人の方を多く見かけることが多くなったのではないでしょうか?本記事では日本人には全く馴染みのない日本語能力試験(JLPT)について迫ってみたいと思います。この記事を読み終えたあとは、日本語を話す外国人の方への見方も変わることでしょう!

日本語能力試験とは何なのか?

日本語能力試験とは、日本語を母語としない人たちの日本語能力を測定する最大の試験として存在しています。

  • 受験者数:約61万人(2011年度)
  • 開催国:世界62ヶ国(2011年度)
  • 開催日程:7月(第1回)、12月(第2回)
  • 運営:国際交流基金、日本国際教育支援協会
  • 価格:5500円(日本)

受験費用は各国により異なり、筆者在住のフィリピンでは「N1/N2が1,100ペソ、N3/N4/N5が1,000ペソの模様だ。

詳しくは国際交流基金フィリピンHPにて

外国人が日本語能力試験を受けるメリット

日本語を話せるようになると就職の際に給与が優遇されたりします。

また日本で働きたいという外国人にとっても、日本語運用力の高さによって出入国管理上の優遇措置があったりするようです。

そして日本語運用力を図る代表的な指標として「日本語能力試験」というものがあります。

高度人材ポイント制による出入国管理上の優遇制度-法務省入国管理局HP

日本語能力試験:合格率、学習時間、受験者分布

レベル認定の目安

学習時間の目安

N1

幅広い場面で使われる日本語を理解することができる。
新聞社説や評論をほぼ理解。逆に講義などもできるレベル、

3,000-4,800 時間
N2日常的場面で使われる日本語の理解に加え、より幅広い場面で使われる日本語をある程度理解することができる。
簡単な新聞記事、評論を読める。ニュースを理解できる。
1,600-2,800 時間
N3日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができる。新聞の見出しなど内容の大筋理解できる。自然なスピードに近い速さで話しても理解してもらえる。950-1,700 時間
N4基本的な日本語を理解することができる。ゆっくりと話せば理解してもらえる。575-1,000時間
N5基本的な日本語をある程度理解することができる。ひらがな・カタカナ・基本的な漢字で書かれた定型文や表現を理解できる。325-600 時間

*認定の目安(日本語能力試験JLPTウェブより)
*学習時間数目安(JP school navigatorより)

下記動画はN3レベルの授業風景です。結構レベル高い!!

合格率/認定率(2017年12月試験)

レベル受験者数認定者数認定率
N1108,93834,28831.5%
N2143,51951,01835.5%
N3109,32641,33937.8%
N468,40223,18433.9%
N553,08926,00549.0%
合計483,274175,83436.4% 

出典:日本語能力試験 2017年第二回 統計ページを基に筆者作成

*国内外合算値

受験者分布/世界(2017年12月試験)

地域受験者数
日本165,500
東アジア190,768
東南アジア87,656
南アジア11,980
大洋州1,409
北米5,731
中米2,153
南米5,265
西欧6,052
東欧5,326
中東595
北アフリカ562
アフリカ277
合計483,274

出典:日本語能力試験 2017年第二回 統計ページを基に筆者作成 

受験者分布/東南アジア版(2017年12月試験)

地域受験者数
ベトナム37,935
タイ13,449
ミャンマー12,484
インドネシア11,341
フィリピン7,201
マレーシア1,992
シンガポール1,980
カンボジア1,033
ラオス195
ブルネイ46
合計87,656

出典:日本語能力試験 2017年第二回 統計ページを基に筆者作成

ベトナムがぶっちぎりに多い。続いてタイは想定内だが、ミャンマーも大健闘。

コロンブス

インドネシア・フィリピンは思ったより少ない、といった印象を受けたなー

終わりに

いかがでしたでしょうか?

本記事では日本能力試験(JLPT)について簡単にまとめてみました。

皆さんの周りで日本語が話せる外国出身の方がいたら、JLPT何級なのか聞いてみると面白いかもですね。

また学習時間目安を見て頂けると分かる通り、日本語の習得には膨大な時間を要します。

その為、本記事を読み終えたあとは、日本語学習者へ今までと違った目線で彼らに敬意をもつことが出来ると思います。

それではまたの記事で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です